カテゴリ:慈しむからだと養うこころ( 3 )

くつした



a0155688_15553762.jpg


a0155688_15553713.jpg


a0155688_15553860.jpg


a0155688_15553941.jpg


a0155688_15553965.jpg


a0155688_15554023.jpg


手紡ぎ綿糸 あしごろも
お散歩用の編み柄ソックス

写真では分かりにくいかもしれないけど、手紡ぎならではの糸の少し自由な表情は、
ぴしっとしていないからこそ生まれるほわほわ感
ところどころに茶色い棉のからが残って、それがよりいっそう優しい味わいです

ものを永く大切に愛おしむ
補修糸が付いているのが嬉しいです

a0155688_16340718.jpg


はきごこちはほわほわ優しい
お散歩用のソックスはいて
さて、どこへお出かけしようかしら





[PR]
by harunomiya | 2017-06-03 15:44 | 慈しむからだと養うこころ | Comments(0)

かならず春は来るから

かならず春は来るから

東城 百合子 / サンマーク出版


東城百合子さんの綴られる言葉が

胸に響いて、響いて

大泣きしながら、読んでいます



冒頭

「人生にはいろいろな転機があります。

そこをどう通るのか。

仕方がなかったと素通りするのも人生。

それを自分の問題として受け止めて生きるのも人生。

それで人の運命が大きく変わっていきます。」

という言葉から始まります

ひとは学び成長するために

生まれてきたんだよな~って思います

辛いことも苦しいことも

あるけれど

それも何かの意味があってのことなんだと



わたしはわたしの運命を信頼している

すべてはわたしの為

嵐の渦中にいる時は、何も見えなかったりするけど
[PR]
by harunomiya | 2010-02-28 21:37 | 慈しむからだと養うこころ

断捨離

新・片づけ術「断捨離」

やました ひでこ / マガジンハウス


コーヒー嫌いだけど、

通ってしまうコーヒー屋さんがある

そこには、コーヒーしかないのに…



まろやかな地下水

窓辺から眺める四季折々の田畑

静かに流れるクラシック

マスターのこだわりと美意識で隅々まで磨かれた店内の

清々しさ

その空間の心地よさこそが

わたしに足を運ばせる



ずーっといたいような

そんな空間を

お家にこそ

再現するべきなんだわ



あの清々しき空間と

わたしの部屋の違いは…

「雑念」によって

「雑然」としていること



最近、とくに潜在意識の部分を意識しているので、

環境を整えることの重要性を感じています

この本の中にも書いてあるけど、

目に見えないものをどうこうしようとして

スピリチュアルに走っても、

足元浮ついて覚束なくなるだけ

目に見えないものをどうこうしたい場合は、

この足元こそを

目に見える周りの環境こそを

整える

それは自然、潜在意識とリンクする

物を手放すか否かを考える時に、

否応なく見せつけられる

自分の執着

自分の不安

そして、自分にとってほんとうは何が一番大事なのか

うふふ~おもしろーい☆



ものを手放すことに葛藤した時に、

背中をとんっと押してくれる本かもしれない

ものを手放すことを躊躇った時に、

手放せない心の理由に気付くヒントをくれる本かもしれない
[PR]
by harunomiya | 2010-01-30 10:30 | 慈しむからだと養うこころ

はるはいつもゆったりまったりの意


by harunomiya
画像一覧