カテゴリ:お山と温泉( 81 )

a0155688_1691043.jpg


a0155688_16101675.jpg


a0155688_16103534.jpg


a0155688_1611186.jpg


a0155688_16112733.jpg


a0155688_16114739.jpg


a0155688_1612767.jpg


a0155688_16122742.jpg


a0155688_16124314.jpg


a0155688_161305.jpg


a0155688_16133260.jpg


a0155688_16135033.jpg


a0155688_16141214.jpg


a0155688_16143342.jpg


a0155688_1615088.jpg


a0155688_16152181.jpg


a0155688_161554100.jpg


a0155688_16164452.jpg


a0155688_1617654.jpg


a0155688_16174657.jpg


a0155688_1618119.jpg


a0155688_1618294.jpg




また宮島
いつもの弥山へ

厳島神社は回廊の一部が改修中(?)でした
毎回撮る写真は同じだから
今回は酒樽でも撮ってみようかと
銘酒揃いです
おススメですか?(←聞いてない?)
といいつつ、飲んだことのないお酒が多いのですが、飲んだことのある中では
竹鶴
龍勢
雨後の月
宝剣
富久長
あと、八幡川(モト地元の酒蔵)
スキです☆

お山はいつもの大聖院コースから登り、
二度目の博奕尾コースで下ります
今回、なんか、わしわし登ってしまって、
いつもは1時間半くらいでおっちら登るのを、20分くらい短縮する勢いで登りました
結果、足への負荷がいつも以上で、疲労感の蓄積もいつも以上でした
「マイペース+気持ちゆっくりめ」で登ることの大切さを再認識しました
何をあせっていたんだろう?

山ももちろんなんだけど、
普段の生活でも、
マイペースを守るのって、大事

マイペース以上の「こなさなければならないこと」があったりするから
仕事も生活も、難しいところなんですけどね
でも、なんとか折り合いをつけながら☆

下山後は、お楽しみのカフェタイムー
今回もまた五重塔を眺められるお店へ
何歩か外へ出れば、ごった返す人並み、なのに
それを感じさせない静かな空間でした

今日も一日、晴れて気持ちよかったです




宮島は神の島と崇められていますが、戦国時代には戦の舞台になり、
実際に見たことはないですが、日露戦争時代の砲台跡があるとも聞いています

神をも恐れなくなる人の争いとは、、、

穏やかに過ごせる日々のありがたさを思います
[PR]
by harunomiya | 2016-02-13 16:18 | お山と温泉 | Comments(0)
a0155688_20213226.jpg

a0155688_2023658.jpg

a0155688_20233726.jpg

a0155688_20243599.jpg

a0155688_20253199.jpg

a0155688_20261735.jpg

a0155688_2027528.jpg

a0155688_20282643.jpg
a0155688_20285245.jpg

a0155688_2029299.jpg

a0155688_2030029.jpg

a0155688_2030245.jpg


毎年恒例の新年弥山登山です
いつものように厳島神社でお参りをして、登ります
厳島神社は世界遺産登録20周年なんだそうです
もう、そんなに経ったんだ、、、!

去年の山の道中の写真と見比べると、今年は気温が高いことが一目瞭然です
早朝はそれでも、寒いなーと思ったりするのですが、本当はもっと寒いはずなんですね
何のお花か分からないけど、おそらくこの時期に咲くのではない花も咲いていました

今年はいつもの大聖院コースで登り、下りは初めての博奕尾コースで降りました
長年ずっと謎だったんです
宮島玄関口の広場に年配の登山パーティーがわらわら居ても、
山に登り始めると、途中そのパーティーたちと鉢会わせることが全くなく、
わたしたちが山頂でのんびりしてると、わらわら登頂されてくる、という現象がよくあったのです
どのコース登ってるんだろ?と思ってたのですが、
今日確信しましたが、きっと博奕尾コースだったんでしょうね
歩く距離としては長いのかな?と思うのですが、ゆったり優しいコースでした
眺めもいいし!
私たちは、登りはわしわし登りたいので、基本は大聖院コースを選びますが、
下りに使わせてもらうのもいいなーと思いました(木陰があまりないので暑い時期を除く)
長年の謎が解けた上に、新しいルートを歩けたのでとっても楽しかったです!
他の登山者さんたちの導きのお陰です
ありがとうございました!

下山後、カフェは欠かせません
昨年と同じカフェに行きました
今回は、屋外の席
眺めが良いです
もちろん寒いです
ガチな防寒着を持って行ってたから可能でした

は〜、癒された一日でした
[PR]
by harunomiya | 2016-01-10 21:08 | お山と温泉 | Comments(0)

大万木山

a0155688_8494049.jpg



a0155688_8503873.jpg



a0155688_8523244.jpg



a0155688_852955.jpg



a0155688_853195.jpg



a0155688_8541079.jpg



a0155688_8543429.jpg



a0155688_8545683.jpg



a0155688_8552722.jpg



a0155688_8553650.jpg



a0155688_8554546.jpg



a0155688_8555386.jpg




ゴールデンウィークは広島と島根の県境にある大万木山に登ってきました
新緑真っ盛りには、まだ少し早かった
けど、芽吹きの色がとてもきれいで
ぴよぴよ生えてる新芽たちがかわいかったです
立派なブナさんにも会えました〜

里に下りると八重桜がぽむぽむ咲いていて、まさに見頃でした
今年は桜の時期がさっと過ぎ去ってしまったので、
またゆっくり見られて良かったです
写真では見えづらいですが、奥の方に藤が咲いていて
藤紫色と桃色の共演できれいでした

昼食にはおそばをいただき
温泉は斐乃上温泉へ
美肌の湯だそうで、、、ぬるぬるすべすべ
そして三次のコニリアでお茶して帰路についたのでした
[PR]
by harunomiya | 2015-05-10 08:58 | お山と温泉 | Comments(0)

黒川温泉

a0155688_12224175.jpg

a0155688_12235617.jpg


a0155688_12333737.jpg

a0155688_12250278.jpg

a0155688_12251851.jpg

a0155688_12262188.jpg


a0155688_12321674.jpg


湯巡りも楽しみましたが、黒川温泉というのは、自然と温泉をうまく融合させてるな〜と思いました
個性があってとても面白かったです
写真は、今回のお宿です〜
お宿のHPを見ると、迫ってくるような濃密な緑の息吹を感じる印象なのですが、
季節が違〜う!
芽吹きにもまだ早く、いまだ冬枯れておりました
しょんぼり。
新緑がきれいな5月後半から6月が、最高なんだろうな
緑の季節の阿蘇と黒川温泉はいつかリベンジします

沢山の温泉に入って、癒されました〜





[PR]
by harunomiya | 2015-04-19 13:23 | お山と温泉 | Comments(0)
a0155688_20591476.jpg


a0155688_20592416.jpg


a0155688_20593152.jpg

a0155688_20593512.jpg


a0155688_20594156.jpg


a0155688_20594683.jpg


a0155688_20595242.jpg


a0155688_20595962.jpg


a0155688_21000476.jpg


a0155688_21001084.jpg


a0155688_21001622.jpg


a0155688_21002257.jpg


a0155688_21002773.jpg


a0155688_21003390.jpg


a0155688_21004146.jpg



毎年恒例の初詣と初弥山(登ったのは1月4日)
早朝のお参りは、空気が澄んで気持ちのいいものでした
また恒例の年始のおみくじ
年に一度、厳島神社でだけ引くと決めております
「身をかがむることをしるときは先にのびる楽しみあり」だそうです
お山は年始に降った雪がまだ残って、つるつるする危険な箇所もありつつのどきどきな山道
つららはあるし、水場は凍ってるし
空気は冷え冷えしつつも、おひさまがあったかく気持ちのいい山行きでした

一番最後の写真は、
ふんふんふん〜しかのふん〜♪
なんか、おいしそうにみえるのはわたしだけでしょうか・・・^^;



[PR]
by harunomiya | 2015-01-16 21:19 | お山と温泉 | Comments(2)

弥山

a0155688_8484116.jpg

a0155688_84933.jpg

a0155688_849835.jpg

a0155688_8491293.jpg

a0155688_8494369.jpg

a0155688_8494815.jpg

a0155688_850745.jpg

a0155688_8502161.jpg

a0155688_8503739.jpg

a0155688_851268.jpg

a0155688_8512924.jpg

a0155688_8513576.jpg

a0155688_8513851.jpg


春以来の弥山です
いつものように大聖院コースで弥山へ登り
三連休初日とあって人が多かったので、紅葉谷コースを避けて、
駒ケ林へ移動して、そこから下山しました
久しぶりのルートで楽しかったです

台風19号が沖縄の方にいる日(10月11日)のことでしたが、
そういえば、以前に厳島神社へ大きな被害を出したのも
いつかの台風19号だったなと思い出していました

平穏無事とは、「何もない」ということではなく
この上ない「奇跡的なこと」なのではないかと感じる今日この頃です

このブログを書いている今は、風が吹き始めました
[PR]
by harunomiya | 2014-10-13 08:52 | お山と温泉 | Comments(0)
a0155688_737712.jpg

a0155688_7365365.jpg


a0155688_7353988.jpg

a0155688_7371920.jpg

a0155688_7362154.jpg

a0155688_7493434.jpg

a0155688_749452.jpg

a0155688_74147.jpg


a0155688_753618.jpg

a0155688_7535252.jpg

a0155688_7544014.jpg


a0155688_7545125.jpg

a0155688_754581.jpg

a0155688_755641.jpg



愛媛から高知
高知から徳島へと足を伸ばして、祖谷温泉
小便小僧さんのその先に見えるのがお宿です
よくそんなところに建てたな〜!ってロケーションですね
窓の外が緑だらけの良い眺めでした
紅葉の時期は素晴らしいでしょうね
露天風呂はケーブルカーを使って急勾配をずいずいと下った先の川縁にあります
とても良いお湯でした

翌日は大歩危の遊覧船を楽しんで
祖谷そばを頂いて
徳島から香川へ移動します

愛媛〜高知〜徳島へかけての川がとてもきれいで(吉野川かな??)
ドライブしながらずいぶんと目を楽しませてもらいました
川遊びも盛んなようで、montbellの関連施設などをよく見かけました
次、行く機会があるとすれば、剣山に登る時でしょうけど、
川遊びもしてみたいなー

祖谷そばを頂いてたら、川向こうの線路をアンパンマンのラッピング電車が走って
大人たちが(笑)喜んでいました
[PR]
by harunomiya | 2014-10-13 08:05 | お山と温泉 | Comments(0)

石鎚山と天狗岳

a0155688_937529.jpg

a0155688_9381524.jpg

a0155688_9392890.jpg

a0155688_9393719.jpg

a0155688_9394487.jpg

a0155688_9395521.jpg

a0155688_940598.jpg

a0155688_9411894.jpg

a0155688_942259.jpg

a0155688_9421732.jpg




a0155688_9424619.jpg

a0155688_9425171.jpg

a0155688_9425995.jpg

a0155688_943479.jpg




一枚目の写真が天狗岳です
そして、その天狗岳の先っぽのほうの、
岩場のところから下を見たのが二枚目の写真になります
絶壁です(怖)

お宮の神主さんが、十月中旬の気温だと教えてくれたのですが
夕方からぐっと冷え込みました
ダウンがあっても良いくらいだった
(先日、天狗岳の紅葉が見頃とのニュースを見ました
例年に比べ、早かったようですね・・・10月12日追記)
その分、空気が澄んでいて、高知の室戸岬や九州の九重連山まで見えたようです
(いや、わたしも見たんですけど、あれがそうだよと説明されても、
どれ?って感じで、判別がつかなかったという・・・orz)
雲の多い日ではありましたが、
ここまで見通しがいいのは珍しいんだよと教えてもらいました
出発前はむしろ雨の心配をしていたので、
雨に降られることもなく有り難い限りでした
[PR]
by harunomiya | 2014-10-04 09:43 | お山と温泉 | Comments(0)

石鎚山への道のり

a0155688_918664.jpg

a0155688_919212.jpg

a0155688_9194087.jpg

a0155688_9194947.jpg

a0155688_920474.jpg

a0155688_9231843.jpg

a0155688_9232829.jpg

a0155688_9235292.jpg

a0155688_9262857.jpg

a0155688_92650100.jpg

a0155688_9312680.jpg

a0155688_9315572.jpg

a0155688_9322820.jpg

a0155688_933145.jpg

a0155688_9331036.jpg


写真には撮っていませんが、ロープウェイで登った先に、
石鎚神社成就社があります

(下記、石鎚神社HPより抜粋)
成就社は、千三百年余の昔、石鎚山開山の祖、役小角が石鎚山頂を拝さんとして、心身を清め山頂を目指しましたが、どうしても山頂に至る事ができず、力尽きて下山しようとしたところ、成就社境内で、ひたすらに斧を研いでいる一人の白髪の老人に出会いました。小角は、不思議に思ってわけを尋ねてみると「この斧を研いで針にする」とのことでした。この言葉に小角は感銘し、再び行を続け、西日本最高峰の石鎚山を開山することができました。
因みに、この時の老人が石鎚大神(石鎚毘古命)だと伝えられ、以来小角の心願が叶ったことから、ここを「成就社」と称し、お社が祀られ、今に全国各地より諸願成就の成就の宮として広く尊崇を集めています。

ロープウェイ乗車中にも、この解説がされていて
それで思ったのです

結局のところ、
「神頼み」の前に、自分の「超☆努力」が必要であること
自分で何の努力もなしに、他力本願しているのは
滑稽以外のなにものでもない
頑張って望みを叶えるのは、結局は自分なんです
そこを間違えちゃいけない


わたしは、お宮にお参りするのは大好きですけど、
願いごとをしたことはありません
いつも感謝だけを思っています

究極のところ、
それしか、
感謝しか、ありませんから
[PR]
by harunomiya | 2014-10-04 09:34 | お山と温泉 | Comments(0)

石鎚山

a0155688_19490100.jpg

石鎚山へ登ってまいりました
天候に恵まれ、空気も澄み渡り、美しい姿を拝することができました

また、おいおい写真をupします
[PR]
by harunomiya | 2014-09-23 19:50 | お山と温泉 | Comments(2)

はるはいつもゆったりまったりの意


by harunomiya
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30