<   2010年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

情けは人の為ならず

二つの解釈があることを知りました

情からくる情けは、相手の為を思っているようで、でも、本当の意味での助けにはなっていないよって意味と
人への親切は、巡り巡って自分へ還ってくるから、人の為にしているようで、人の為じゃないんだよって意味と
[PR]
by harunomiya | 2010-09-30 20:28

たねは贈りもの

たねの森さんの呼びかけによる自家採種の種の交換会が呉であり参加してきました
とても素晴らしい会でした

たねの森さんは、種を売ってお仕事をされているから
種の交換会(もちろん無料です)なんかしたら、お仕事なくなっちゃうじゃないって心配されたりするそうです
でも、種やの仕事がなくなっちゃうくらいに、地域地域で種を分かち合って、種を守り継いでいく
そんな本来の姿を取り戻すこと
それが、種やを始めた時からの理想でした
その想いに一歩進めることがうれしいと、朗らかな笑顔でおっしゃっていました

種は誰のものでもない
種はみんなのもの

自然農の先生と同じ言葉でした
素晴らしい志に胸打たれました

いつかご縁がありますようにと願っていた
茶棉の種と、緑棉の種を頂けたのが何より嬉しかったです
たくさん増やして、わたしもまた人へ渡せるように、来年頑張ります
[PR]
by harunomiya | 2010-09-27 20:58 | Comments(2)

しっかり…なんて

しっかりなんて全然しなくって、いいみたいです

自分が許すなら、周りからも許されるということを
かなりぶっとんでいる同居人から教わりました
彼女はほんと、自由に生きてる
自由すぎて、見てて時々ジェラっとする(笑)

一例、
楽しいイベントがあって、そのことばっか考えてて、
仕事の予定を忘れてすっぽかしたり
バスに乗り遅れて仕事先までヒッチハイクしたり…

わたしだったら、
そんなの社会人としてありえなーい
わたし、プライベートの予定は遅刻しても、仕事だけは無遅刻・無欠勤だもの~
それに、旅でもないのにヒッチハイクなんて~顔から火が出る~
って、思ってしまう☆

年の甲か?
もっとオバサンになれば、わたしもこんなに図太く生きられるのか?
って言うのは、半分冗談で
ほんとは、よく分かってる


彼女がどんな風に振る舞おうと周りに受け入れられるのは、
彼女自身が、誰のどんな振る舞いをも優しく受け入れるからだ


世の中って、そんな単純な感じにできている


そんな彼女も昔はがちがちにきっちりしっかりしていた
人生の荒波にもまれて、苦難を乗り越えて今日があって、
その中で、彼女は、自然体で生きることをマスターしていった
そうしないと生きていけないと言うところまで追いつめられて、
自然体で生きることを思いだしていった

でも、彼女のけっこうな波乱万丈ぶりを聞いてると、
わたしは波風立たない凪いだ人生が良いので、
凪いだ人生の中で、いかに自然体で生きることをマスターしていけばいいのかなぁと考えています


どんな自分も、どんな他人もまるっと受け入れる
そんな、真の優しさを思いだしていきたいと思う今日この頃です
きっとそれが答えだから
[PR]
by harunomiya | 2010-09-27 20:28 | Comments(6)

しっかり

「しっかりしていますよね」と言われて、
たしかにわたしはしっかりしている、と思った

だって、しっかりしなければって、思っている

なにか間違えて恥ずかしい思いをしたくないし
なにかをしでかして怒られるのも謝るのもいや
なにか失敗して焦るのも嫌いだし
とにかく、過ちをとても恐れている

だから、しっかりしなければならないからしっかりしている

ほんとうは、ぼーっとして隙だらけ
でも、そんな生き方、社会人としてやっていけないし、だいいち、自分が許さない
ぼけぼけで間の抜けた自分をもっと許せたらいいのに、と思います
ほうとうは、恐れるものなんてなにもないんだから

自分だけでなく他人にも厳しいわたしは、
「しっかり」という、心のコリをほぐしていかないといけません
このやたらと高い鼻柱はなんの役にも立ちはしない
[PR]
by harunomiya | 2010-09-20 21:21 | Comments(4)

小鳥

きれいな声のことりがベランダに止まって
美しくさえずっていきました
a0155688_17303488.jpg

[PR]
by harunomiya | 2010-09-20 17:30 | Comments(2)

手入れ

身の回りのものを手入れしながら思った
身の回りのものを手入れしながら丁寧に使えるひとは
真に自分を大事にできるひとだなと

わたしは、まだまだ自分を大事にしきれていない
たまにしか手入れに時間を割かず、
そのたまにの時に、かわいそうな状態を発見して
ごめんね~って、反省しています
自分自身にもごめんね~です
[PR]
by harunomiya | 2010-09-20 10:30 | Comments(4)

お仕事

わたしはどこかで、自分の好きなこと、やりたいことを仕事としなければ
意味がないのじゃないかと思っていました
なんという驕りだったのでしょうか
仕事を手段としない、という意味を履き違えていたようです
あー、愚かすぎて恥ずかしいです
でも、与えられた仕事を手を抜いたことはありませんよ、もちろん♪

こころのヨーガ

赤根 彰子 / アノニマスタジオ


「仕事のために仕事をする」
私たちは遊ぶために、生活のために仕事をします
違う目的のために手段として仕事をしているので、いやいや仕方なく仕事をすることもあります
けれど、それでは、長い時間を仕事に費やしているその間中、心は上の空になってしまうでしょう
何かのためではなく、仕事のために仕事をします
仕事を手段とせず、今、している仕事を日々きちんとすることを目標とします
そうすることで、毎日の生活はその一瞬一瞬の仕事の集中と、おもしろさと充実した状態で輝いてきます
誠心誠意気持ちを込めて仕事をします
そうすることでその仕事に魂が吹き込まれていきます
魂のない、いい加減な仕事は、その人自身をにごらせてしまいますから
同じような繰り返しの毎日も新鮮な気持ちで、心を込めて

「人間性を浄化する純粋な行為」
自然・・・宇宙の秩序に調和した、人に最も適した生き方を学んで行く道があります
それは人生に幸福と平和と満足をもたらすものといわれています
人はそれぞれ自分の役割や仕事を持っています
そして、それにより、金銭を得て生活しています
多くの人は「お金のため」「生活のため」と考えて仕事をします
ただし、それだけの理由で仕事をしていると、人生に失望、不満、闘争、苦悩などが生じてきます
仕事をしていること、その行為自体が重要なのです
仕事にともなう報酬に執着せずに、その行為に徹すること
心と身体のバランスを保ちながら、自分の行為を遂行していく
純粋な行為をすることで、人間性を浄化していくことができます
策略のない、自然な純粋な生き方です
[PR]
by harunomiya | 2010-09-19 16:03

銀座でひといき

喧騒に包まれた中に点在するひっそりな場所
ひといきつける場所があって良かった

銀座ではジャッジェーロハーブハウス

店内とても良い香りに満たされていて、深呼吸ができました
ローズティーをオーダーして、優雅なティータイム

東京でも、平日の裏通りは人が多くなく、ゆっくりできるものなんですね
[PR]
by harunomiya | 2010-09-18 17:52 | ごはんとお茶と時々お酒

ぶんぶんぶん♪

映画ミツバチの羽音と地球の回転を観ました
祝島の方たちの美しい暮らしぶりに、うるうるきちゃいました
この美しい暮らしを踏みにじるなんて、誰ができるでしょうか
自然にしても、人の暮らしにしても、
日本人が忘れてしまった大切なものがたくさん残っている場所
どうか守られますように



時代の流れは確実にスマートグリッド

電力の自由化、切に願います
自分で使う電力を、選択できるように
原子力による発電か、火力か、風力か、水力か、太陽光か、波力か…
自然エネルギーを使った発電方法は日々進化し続けていてわくわくします
バードストライク、騒音問題に対応した風力発電装置の開発もされているし
なんと、宇宙で発電☆なんて技術も研究が進んでいるんですよ

世の中の動きが、時代に間に合いますように♪
[PR]
by harunomiya | 2010-09-05 21:35

不動

動き回ることよりも、
じっと動かずにいることの方が
実はとってもエネルギーがいる
[PR]
by harunomiya | 2010-09-03 21:58 | Comments(3)

はるはいつもゆったりまったりの意


by harunomiya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30