<   2010年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ぶらんこ

a0155688_10575971.jpg

[PR]
by harunomiya | 2010-11-30 10:59 | Comments(4)

風ちゃんがお星に

風ちゃんはインコで
わたしが中学生の頃から我が家に居て
玄関が定位置で
風ちゃんに話しかけながら出かけて
帰ってまず風ちゃんに出迎えられて
そんな生活をかれこれ二十年近く続けていたから
鳥かごのなくなった玄関がやたらとスッキリして
スッキリしすぎて
どうしたらいいのかわかりません

風ちゃんがいる生活に慣れていったように
きっと風ちゃんがいない生活に慣れていくしかなくて

これが「生きていくことなんだ」って
小さく呟いてみる
[PR]
by harunomiya | 2010-11-27 22:23 | Comments(4)

鄙の名勝

a0155688_23272111.jpg

[PR]
by harunomiya | 2010-11-26 23:27 | 旅とさんぽとドライブ

doma cafe

a0155688_21553957.jpg

[PR]
by harunomiya | 2010-11-26 21:56 | ごはんとお茶と時々お酒

目の醒める黄色

a0155688_2131710.jpg

a0155688_21313321.jpg

a0155688_21315090.jpg

春の桜のように、
あ、あそこにも銀杏
あ、こちらにも銀杏

この銀杏さんは齢600
今年は、齢1200の銀杏さんにも会えました
大きな樹に会えると嬉しいです
[PR]
by harunomiya | 2010-11-26 21:33 | Comments(2)

空と海の境界

a0155688_21223549.jpg

ぐるりと山に囲まれ
海には島がいくつも浮かび
そんな広島に住むわたしは
「水平線」というものをなかなか見ることが出来ない
なので、見ることができたら
ほぅ、となる
こちらは島根の江津の海
[PR]
by harunomiya | 2010-11-26 21:27

宇宙の約束

宇宙の約束―私は、あなただったかも

山元 加津子 / 三五館


そうなのです
自分の中の譲れないもの
守りたいものを守るために争いがあるのか
他の道はないのか、考えています
まだ、読んでいる途中
かっこちゃんは、答えを見つけたのでしょうか
わたしは答えを見つけられるかな

読み終わりました
この本の副題に「私はあなただったかも」ということばがあります
わたしの細胞のひとつひとつは同じ情報を持ち全く同じなのに、
目は目になるスイッチがオンになって目の細胞になり、
指は指になるスイッチがオンになって指の細胞になる
それと同じように、たとえば、もっと大きな視点で見たとき、
人とか植物とか地球上のあらゆる存在は、
わたしはわたしになるスイッチがオンになってわたしになり
あなたはあなたになるスイッチがオンになってあなたになる
わたしとあなたは同じものだったのではないだろうか
ってかんじのことが書かれていて
なんだかとっても納得しちゃったのでした
誰もが欠けてはいけない
必要だからここにいる

旅の終わりに、かっこちゃんは自分の中の答えを見つけたようでした
わたしも参考にさせてもらいながら、自分の答えを見つけていこうと思います
[PR]
by harunomiya | 2010-11-17 19:00 | Comments(2)

三重オーガニックマーケット

a0155688_21374149.jpg

a0155688_21422861.jpg

伊勢に行こうと決めた日に開催されるということで、亀山で途中下車
こじんまりとした、けどほのぼのしたマーケットでした
会場の関地蔵院からは、あの而今禾も歩いてゆける
a0155688_2144622.jpg

月ヶ瀬健康茶園(奈良)の紅茶とツバメヤ(岐阜)のどらやきを買いました☆
お野菜や海藻やお豆腐やハチミツ、やたらと行列なパンやさんもありました

ところで、オーガニックとかベジとかについつい反応してしまい
なんだかわくわくしてしまう
これって、もー、わたし、「おたく」だ、と思いました
楽しいから、ヨシ
[PR]
by harunomiya | 2010-11-15 21:53 | 旅とさんぽとドライブ

信じるということ

すっごい三歳児の話を聞いて(数日前のブログの記事の)
親が子を丸ごと信じること
それによって、子どもの可能性というのは無限大で、その才能も無尽蔵なんだと思いました
「子どもの可能性は無限大☆」ってよく言われますが、
その可能性を狭めているのはきっと親
社会という枠組みの中で、許されることと、許されないことがあって、
そのことを教えるのはとっても大事な役割だけれど、過干渉はもったいないんですね

そんな親と子の関係から、それって自分自身にも当てはまるな〜と思いました
自分の可能性を一番摘み取っているのは、自分自身
それは自分を信じきれないから
もし自分の人生を、運命を、丸ごと信じられたなら
きっとどこへでも行ける
起こることには理由がある
すべてを丸ごと受け入れ受け止めたなら
不安もなにも持たなくていい
大丈夫って思える

信じることって、表面をさらっとなでるものではなくて
上っ面じゃないもっと奥の部分を
核になるものとか魂とか真実とかを信じるということ

あたまを、こころをまっしろにしても大丈夫
わたしたちは、頭を捻る以上の智慧をすでに知っているし
こころで感じる以上のことをすでに感じているから
大丈夫
信じて委ねて大丈夫
[PR]
by harunomiya | 2010-11-15 20:36 | Comments(4)

お伊勢まいり

昔の人がどんなに夢見たことだろう
お伊勢まいり
広島から6時間
こんなにも自由に、辿り着ける
内宮はすごい人でした
お参り待ちの行列には並ばず遥拝
境内に居られるだけですごいことですから、十分です
とにかく、なんだか、ありがたいな〜と思っていました
それ以外にはなくって

お伊勢さんがある
そんな日本は大丈夫って思いました
この国が、どんなに守られているのかというのも
ひしひしと感じました

いつもはありがとうございます、とお参りするのだけど
今回は、こころもあたまも空っぽにして、ただただお参りさせて頂きました

ほんとうに、ありがたいばっかりでした
[PR]
by harunomiya | 2010-11-15 20:09 | 旅とさんぽとドライブ | Comments(2)

はるはいつもゆったりまったりの意


by harunomiya
画像一覧