<   2012年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

与える視点

これからますます「与える視点」が大事になってきます
自分の発した思い、行いがダイレクトに自分に戻ってくるようになりました


奪い合いの意識から、与え合いの意識へ

執着を手放そう、とかっていうけど、
執着を手放すことを意識する必要はない気がします

わたしは執着だらけ
お金も物も執着しまくり
(生きるため、生活していくために最低限必要な執着ってあると思うんです)

でもそれでも与える意識
自分のもっているものを無理なく人に差し出せる意識が持てる
お金じゃなくていいし、物でなくてもいいんです

にっこりほほえみかけることかもしれないし、
席を譲ることかもしれないし、
相手の立場になってものを考えることかもしれないし、
やさしいことばを使うことかもしれない


与える意識(思いやり)は、あらゆる流れを滑らかにします

誰かに優しくされたら、自分も誰かに優しくしたくなるでしょう
誰かになにかもらったら、自分も誰かに与えたくなるでしょう

優しさや愛情は人から人へと伝わって
巡って巡っていつかまた自分に戻ってきて、また巡る


循環し広がりある豊かな与え合う意識
自然の摂理は、すべて「与える」意識で成っています
人が食べるためにお米が生まれて
動物たちのために木々は酸素を生みます
ふと気付けば、
「生かす」意識と「与える」意識によって、
わたしたちはこんなにも支えられ、生かされているんですよね


自然の循環を、取り戻せたら、いいですね





私生活でも、お仕事でも、なにか滞っていたりするなら、
それは奪い合いの意識のせいかもしれません
奪うものは奪われ、奪われたものは奪う
その応酬で循環しません
循環のないところに清々しさは生まれないとおもいません?





与える意識で過ごしていると、
与えると与えられ、あらゆるものごとが循環しているのが分かってきます
それが分かってくると、いろんなものに執着(守り、防御の姿勢)しなくても
大丈夫なことが実感として分かってきます
そしたら、勝手に執着も必要なくなるでしょ?
だから、この段階に成るまでは、無理して執着を手放そうなんて、必要ないよね

なので、わたしも今は、がっつり執着は握りしめ(笑)
その中でも、自分にできること、陰ながらでも人の役に立てることを、
小ちゃく密かに、頑張っています
[PR]
by harunomiya | 2012-01-31 21:21 | 写し絵と言の葉 | Comments(0)

声も言葉も音も

考えたのです
もし、声を出せるのが最後だとしたら、誰になにを伝えたいかって

わたしはありがとうって言いたいって思った
家族に友だちに、みんなにありがとうって言いたいって思った
そしてさらに大好きだよって愛してるよって言いたいって思った

それだけだった

それだけだったよ



空気を振るわして伝えたい
声で言葉で音で届けたい



ただただ、この愛と感謝を



この声も言葉も、それを伝える為にあるんだね
大事に使おうって思った
[PR]
by harunomiya | 2012-01-29 17:13 | 写し絵と言の葉 | Comments(2)
自らの心に目を向けずして、物事の本質は見えてこない。
外を見る者は、夢を見る。
内に目をやる者は、目を覚ます。

〜Carl Gustav Jung〜
[PR]
by harunomiya | 2012-01-21 00:41 | 写し絵と言の葉 | Comments(0)

願いごと

人の願いはすべて叶う仕組みです
思いや言葉が世界を創造するからです

そして全部、自分で決めています
全部です
「今」この瞬間にも決めています

自分自身の願いごとを叶えるかどうかも自分で決めています

「願いはすべて叶う仕組み」と「自分で全部決めている」ということを前提に
「今」の自分を深く静かに見つめると
人生の課題と、真の生き方が見えてくる


言い逃れもいい訳もできない
だれのせいにもできない
そんな、厳しくも果てしなく自由な世界を生きています
[PR]
by harunomiya | 2012-01-19 22:15 | 写し絵と言の葉 | Comments(2)

祈りは、神は

祈りは日々の生きることの中にあり

神は目には見えない働きの中におられます





寒空の下

庭にひとつの苺があかあかきらきら実りました

いつの間にか実をつける苺に自然のはからいをみる

小さな虫か、風が花粉を運んで実をなす苺

あたりまえのような流れの中に、あたたかな慈しみに似た奇跡をみます

そんな奇跡のようなあたりまえの中に、神をみます
[PR]
by harunomiya | 2012-01-15 10:54 | 写し絵と言の葉 | Comments(0)

増亭 睦月

a0155688_23522223.jpg

橡餅のお雑煮

始まりは蓮根豆腐

今日のお酒は
開春・おん
竹鶴・酸味一体
[PR]
by harunomiya | 2012-01-13 23:48 | ごはんとお茶と時々お酒 | Comments(0)

佳きかな

a0155688_12354722.jpg

日々の生活の中で、なんでもないときに
うるっときちゃう瞬間がたびたびある

それはほんと、なんでもない瞬間

瞬間瞬間が、奇跡の連続
[PR]
by harunomiya | 2012-01-08 12:52 | 日々のつれづれ | Comments(2)

階段

山登りでの階段がきつくて、「階段いやっ!」って言ったら、
階段のお陰で、迂回遠回りしなくて済むんだよ、と諭された
[PR]
by harunomiya | 2012-01-06 20:32 | お山と温泉 | Comments(0)

厳島神社と彌山

a0155688_1823724.jpg

a0155688_183523.jpg

a0155688_1832758.jpg

a0155688_1835054.jpg

a0155688_184837.jpg

a0155688_1843597.jpg

a0155688_1845637.jpg

a0155688_1852416.jpg

a0155688_1854395.jpg

a0155688_1855945.jpg

a0155688_1863489.jpg

a0155688_186516.jpg

a0155688_1871076.jpg

a0155688_1872987.jpg

a0155688_1874928.jpg

a0155688_188720.jpg

[PR]
by harunomiya | 2012-01-04 18:08 | 旅とさんぽとドライブ | Comments(0)

春の子

a0155688_14233696.jpg

春風の 吹けば おのずと
山やげの 梅や桜も 花は咲くなり
[PR]
by harunomiya | 2012-01-03 14:25 | 写し絵と言の葉 | Comments(2)

はるはいつもゆったりまったりの意


by harunomiya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31