<   2013年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

白山麓のお宮

a0155688_19165019.jpg

a0155688_1917304.jpg

a0155688_1918199.jpg

a0155688_19184877.jpg

a0155688_19191998.jpg

a0155688_1920982.jpg

a0155688_19205437.jpg

a0155688_19215034.jpg

a0155688_1925980.jpg

a0155688_1925305.jpg

a0155688_1925462.jpg

a0155688_19271242.jpg

a0155688_19273943.jpg

a0155688_1930597.jpg

a0155688_19302765.jpg

a0155688_19304673.jpg

お参りさせて頂くことができて、
良かったです
とても去り難かった
いつかまたお参りしたい

ベビちゃん連れの狛犬さまを見たのは
初めてです〜
でも、この地方では一般的なのかしら?
[PR]
by harunomiya | 2013-07-31 19:30 | 旅とさんぽとドライブ | Comments(2)

白川郷

a0155688_20252620.jpg

a0155688_2026821.jpg

a0155688_20263727.jpg

a0155688_20271567.jpg

a0155688_20274950.jpg

a0155688_20282738.jpg

a0155688_2029723.jpg

a0155688_20294838.jpg

[PR]
by harunomiya | 2013-07-30 20:34 | 旅とさんぽとドライブ | Comments(0)

永平寺

a0155688_1954158.jpg

a0155688_19554799.jpg

a0155688_19561919.jpg

a0155688_1957515.jpg

ゆく年くる年の時に衝かれる鐘

わたしの中での永平寺のイメージと言えば、
精進料理ファンシィダンス
ええ、偏ってます(笑)

お寺は、歴史ある豪奢な学校っていう雰囲気
流石に掃除が行き届いて、清々しく美しかったです
人生の中での作務(掃除、炊事、家事、仕事など)の重要性を
すんなりと納得させる凛とした空気がありました
自身が身を置く場を、日々磨き上げて清らかに保つことは
人生の基礎としてとても大事なことなんだと、深く理解させられます


わたしたちが白山登山をしていた日、
こちらの雲水さんたちも登拝されていまして、
気さくに話しかけてこられたりして、
永平寺がぐっと身近な感じになりました
[PR]
by harunomiya | 2013-07-29 21:22 | 旅とさんぽとドライブ | Comments(0)

あたりまえ

<あたりまえ> 井村和清

あたりまえ
こんなすばらしいことを、みんなはなぜよろこばないのでしょう
あたりまえであることを
お父さんがいる
お母さんがいる
手が2本あって、足が2本ある
行きたいところへ自分で歩いてゆける
手をのばせばなんでもとれる
音がきこえて声がでる
こんなしあわせはあるでしょうか
しかし、だれもそれをよろこばない
あたりまえだ、と笑ってすます
食事がたべられる
夜になるとちゃんと眠れ、そしてまた朝がくる
空気をむねいっぱいにすえる
笑える、泣ける、叫ぶこともできる
走りまわれる
みんなあたりまえのこと
こんなすばらしいことを、みんなは決してよろこばない
そのありがたさを知っているのは、それを失くした人たちだけ
なぜでしょう
あたりまえ

つづき
[PR]
by harunomiya | 2013-07-28 19:20 | 写し絵と言の葉 | Comments(2)

ただいまー

a0155688_8383051.jpg

白山登山より帰ってきました
ご来光は拝めませんでしたが、
大気が不安定な中、雨にも遭わず
夕日が見られたので、それだけでも御の字
ありがたい旅でした
いやー楽しかったー^^
また写真をアップします
[PR]
by harunomiya | 2013-07-28 08:43 | お山と温泉 | Comments(0)

ぽてち

a0155688_1301411.jpg

ぽてち〜
友だちが作ったぽてちです
ぽてちを作ることができるなんて☆すごいっ
わたしも、ジャガイモの種の植付けと収穫準備を手伝いました

小麦もその他の野菜などもそうだけど、
種一粒から
たくさんの収穫が得られること
無から有が生まれる
形になる不思議
不思議すぎて感動します

あのおじゃがちゃんたちがぽてちに・・・
なんということでしょう〜
美味しく、勿体ないので、ちびちび頂いておりますっ
[PR]
by harunomiya | 2013-07-21 13:09 | 畑と自然と田舎 | Comments(0)

苦労とはなにか

親を亡くして(中国新聞)
「あんな苦労、今の子らはせんでいい。いい時代になった」
「そのありがたさを知っておいてほしい」
この言葉が、胸に響きます


わたしは、先人の苦労の上に
この平和と繁栄を享受していて
さらに、色んなことに不満を持って愚痴って生きています
恥ずかしいことです
ほんとうの苦労とは何か
わたしは、それを経験したことがありません
ほんとうの苦労を知りません
わたしには、不満は必要ないし、愚痴も要りません
ただ「今」のありがたさにこそ、気づいて生きていく
そう、決めました
[PR]
by harunomiya | 2013-07-20 20:13 | 日々 | Comments(0)

平常心

No hope
No fear



本番が、目前なのです
[PR]
by harunomiya | 2013-07-20 19:36 | 写し絵と言の葉 | Comments(0)

極楽寺山

a0155688_1915788.jpg

a0155688_19152653.jpg

a0155688_19154847.jpg

a0155688_1916799.jpg

木漏れ日の光が丸く地面に映るのが不思議
葉っぱと地面が近いと、くっきり葉っぱの形に映る
下界から一ヶ月遅れの紫陽花の満開
そして一部分だけ赤い紅葉

夏の時期はいつもより一時間早く登り始める
でも、それでもアッツい
水分補給のタイミングを外せないし、
ミネラル、エネルギーのバランスも気を使います

わたしは体力(持久力)がないので、
過信をしません
そして、へたれ(根性なし)なので、
無理をしません
謙虚で慎重であることは
時として命がけな山登りではとても重要です

短所も使いよう
[PR]
by harunomiya | 2013-07-20 19:34 | お山と温泉 | Comments(0)

a0155688_19293520.jpg

最近、殊に空がきれいで
よく眺めます


季節的な日差しの強さとは別の
おひさまの光の強さに
こういうのを「畏れ」っていうのかな
っていう感じの思いを抱きます


平凡な日々を生きてるけど
時は静かに満ちていて
これから始まっていく


平凡に生きられることの非凡さを
失うことで思い知る前に
今の有り難さを思い出しておきたいものです
日々感謝を刻んで生きたいものです
[PR]
by harunomiya | 2013-07-07 19:52 | 写し絵と言の葉 | Comments(0)

はるはいつもゆったりまったりの意


by harunomiya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31