<   2013年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

a0155688_2240450.jpg

a0155688_2240563.jpg

a0155688_2240840.jpg

a0155688_22401074.jpg

見慣れない波立つ海と、雲が自在に空を彩るのを眺めてた
雨が窓を打てど、ぬくぬくと、珈琲を飲みながら
[PR]
by harunomiya | 2013-10-27 06:25 | Comments(2)

わたしは
人との関わりによって
生かされ
励まされ
導かれ
学び
喜びを知る
そして時には
傷つき
怒り
悲しみを知る


切っても切れないもの
ゆるやかに繋がっていくもの
強く結ばれているもの
すれ違っていったもの
途切れたもの
届かないもの
それも縁


さまざまな縁を頂いて
生かされている今日

なんとも愛おしく
胸が温かいです
[PR]
by harunomiya | 2013-10-19 21:26 | 写し絵と言の葉 | Comments(0)

空と海

a0155688_19145929.jpg

そこにもし
陰影もなく
線もなければ
わたしたちは
なにも認識することができない
[PR]
by harunomiya | 2013-10-14 19:17 | 写し絵と言の葉 | Comments(2)

Tシャツ

a0155688_2149294.jpg

高校生の頃から着てるTシャツ
首元、袖、裾がぼろぼろになっちゃったので、切り取っちゃったけど、
まだまだ現役、寝間着としてご活躍
ちょっと穴も開いちゃったので、当て布して縫ってみた

わたしがあまりにぼろを着てるので、
姪っ子が、お金ないの?って心配してくれるんですけど、
カネのあるなしの問題じゃないんだよなー

わたしも、なんでもかんでも物持ちが良いって訳じゃないんだけど、
なんか、このTシャツは残ってますね
たぶん、どこまで着ることができるのか
知りたいんだと思う

だって、服がぼろぼろになって、いくら修繕しても、もう、
服としては使えないなって、
そういうところまで着倒した服はありますか?
わたしは、ないんですよー
だから、見たいし、知りたい、そこまで使い切ってみたい

このTシャツも、17年くらい着てきて、さすがに布地が弱ってきています
穴開きも3カ所もできたし
それでもあと10年くらいは持ちそうな気がするんですけど

このたびの修繕でタグも切り取っちゃったので、
まじまじと見てみると、うっすらMade in Japanの文字
今では珍しい(?)日本製でした
このメーカーってまだあるのかな?って検索してみたら、あった
多分、同じブランドだと思うんだけど
Rag sista
[PR]
by harunomiya | 2013-10-13 21:50 | 日々 | Comments(0)

白木山

a0155688_1931362.jpg

a0155688_1932503.jpg

a0155688_19333226.jpg

鉄塔の立っているところが山頂です
たくさんの常連さんがいらっしゃって
とても愛されてるお山でしたね

途中、水場があるのがなによりのご褒美
渇いた身体に沁みる美味しいお水でした
水場からしばらく行くと、水源があると聞いて行ってみました
お水は山と大地からの恵みだということが実感としてわかる
そしてここを守る人が居るからこそだということが分かる
そんな水源でした(ありがとうございます、合掌)

山頂は芝生になっていてねっころぶのに最適で
秋晴れの空は青くてきれいで
気持ちよい時間を過ごしました

下山後、地粉うどんのわだち草でおうどんを頂きました
美味しかった♡
[PR]
by harunomiya | 2013-10-13 20:14 | お山と温泉 | Comments(0)

ぎっくり

姉がぎっくり腰になり、
家事手伝いに行ってきました

「健康ってすんばらしー
腰が直って動けるようになったら、
わたし、生き直す!」

って言ってました(笑)

がんばれー。


(追記)
その後、姉は二日くらいで、復活
早っ。
[PR]
by harunomiya | 2013-10-09 20:47 | 日々 | Comments(0)

空色スケッチ

a0155688_1924387.jpg

a0155688_19242232.jpg

a0155688_1925494.jpg

a0155688_19253010.jpg

a0155688_1926392.jpg

パステルで描いたかのような空

昨日から金木犀が香り出しました
秋の深まりを感じます
[PR]
by harunomiya | 2013-10-04 19:26 | 写し絵と言の葉 | Comments(2)

はるはいつもゆったりまったりの意


by harunomiya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31