<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あこがれ♡

お盆に甥、姪と共にお墓参りに行ってきました
親戚たちとの会食の時に、子どもたちの将来の夢の話になりました

大叔母「姪ちゃんは将来なにになりたいの〜?」

姪「はる(わたしのことです)になる〜!」

一同「!?」

姪「父ちゃんと、母ちゃんとずっと一緒に住むの〜!」

一同、さらに「!?」

姪「あこがれ♡」と言いながら満面の笑みでわたしを見る、、、


どうやら、姪の将来の夢が「わたし」らしいんですよ

でも、それ、仕事バリバリやっててかっこいいとかじゃなくって、
パラサイトシングルやってて(つまり両親とずっと居て)
趣味のこととか好き放題やってる感じが
すんごい、良い感じに見えるらしいのです
「結婚しないのか」って聞くと、「しない〜」とのこと、、、

大丈夫かしら、この子、、、
将来の夢がパラサイトシングルって、、、
可能性と希望に満ちた10歳なのに、、、!


はるは結婚したくなくてしないんじゃないんだよ、とか
30歳過ぎてくると周りが結婚していって
遊んでくれる友だちも減ってくるんだよ、とか
学生時代の集まりとか子どもとパートナーの話ばかりだし
めっちゃしんどいんだよ、とか
親が居る間はいいけど、とか
ちょっと説得してみたんだけど、
自分で言いながら、段々わたし自身が辛くなったので(笑)
説得は諦めました   orz


しかし、わたしが嫁にいかんことで、こんなところに悪影響が!?

も〜無理だし〜って投げ出していた婚活を
頑張らなきゃいけないのかもしれないと
思い直している今日この頃です   orz
最近やっと親戚たちも諦めてくれて、結婚は?的な話題がなくなったと
せいせいしていたところに、思わぬ伏兵ですよ
お盆だし、
ご先祖さまたちが、立つんだ、諦めるな〜!!って言ってくれているんだと
思うことにします、、、(遠い目)


頑張れ、わたし!!
[PR]
by harunomiya | 2014-08-17 10:57 | 日々 | Comments(2)

龍頭山

a0155688_19541438.jpg

a0155688_19542037.jpg

a0155688_19542699.jpg

a0155688_19544158.jpg

a0155688_1955898.jpg

a0155688_19551491.jpg

a0155688_1955460.jpg

a0155688_19545924.jpg

a0155688_19545564.jpg

今日は龍頭山へ
と、言っても山頂近くまで車で上がれて
駐車場から10分弱で登頂できるのです〜
雨の切れ間にささっと登ってみました
周辺には素敵なカフェが点在しているので
登った後の楽しみも併せて
また、ちゃんと登りに行こうと思います
今回はわたしの好きなイタリアンのお店へ
わたしはこのお店で、カタラーナという素敵な美味しいスイーツを覚えたのでした
窓の外の緑もごちそうです
美味しゅうございました〜
[PR]
by harunomiya | 2014-08-16 20:05 | お山と温泉 | Comments(0)

煽動

平和を思うとき
なぜ戦争は起きたのかを深く考えます

おとなになって、こどものときには見えなかった
きたないこともよく分かるようになりました
そして、今の時代になって、ある程度の情報はインターネットを通じて
知ることができます

二度と同じ過ちを繰り返さないために
賢くあらねばならないと思います

世界のどこかで起きている争いも、巧妙に仕組まれているにおいがぷんぷんします
理解出来ないことだけれど、戦争をしたい人がいるのです
ほんの一握りの、戦争をしたい人のために、平和に暮らしていたい大多数を巻き込んで
命がけの争いになるのです

戦争を思うとき、わたしは「煽動」がこわいと思います
裏で糸を引く戦争をしたい人がいて、それによって巧妙に分断されていく人と人・・・

だからこそ、賢くあらねば、と思います

今、盛んに『あのこと』に対する議論がなされていますが、
声高に叫ぶ人はだいたい「反対」です
もうちょっと、いま日本が置かれている立場とか
一体なにが脅威なのかとか、調べるべきでは?
ちゃんと調べたら、
『あのこと』によってなにがなされようとしているのかがわかります
泥棒から家を守ろうとする時は、鍵を閉めるなど防犯をすると思うのですが・・・

最近の報道を見ていたら、会社によって相反する書き方をしてたりするので、
興味深いです

どんな情報を求め、出会い、取捨選択するのか
それによって、運命さえも左右されていく

わたしも、正直、そこまでよく分かっていないんだけど、
でも、きれいごとだけで守り通せる程、世界は生ぬるくないということだけは
分かってるつもり

もっとひろく情報をかき集めて
そして、判断したい

大きな視野を保って
できる限り、中道でありたいと思います




[PR]
by harunomiya | 2014-08-06 20:40 | 日々 | Comments(0)

岩井温泉


a0155688_12473676.jpg

a0155688_12474613.jpg

a0155688_12480124.jpg

a0155688_12484130.jpg


a0155688_12512340.jpg



大山から足をずいずい延ばすこと車で二時間
どうしても行きたかったお宿へ
もう、ほんと大満足です
お風呂も風情があってとても良かったし
インテリアがセンスがよくて目を楽しませてくれたし
いろいろなことがさりげなく行き届いていたし
お食事も美味しいし美しいし
もう、もう〜><
ま、また行きます〜
広島から微妙に遠いのですが、頑張ります〜
普段はあまり飲まないビールの美味しさがハンパなかったです
汗を流した後のビールってなんであんなに美味しいんでしょうか!
お料理はもう、かわいい〜きれい〜おいしい〜って連呼していました
写真にはないお料理もまだまだ数点・・・もう、ギブしており、写真も撮り忘れ・・・
美味しいしもったいない〜食べたい〜でも、もう、無理〜
とくにアラ煮は、わたしがお造り嫌いだからってわざわざ用意して頂いた一品なのですが、
結局ごぼう一本口にするのが精一杯で、三四切れくらいを友だちが食べてくれました
写真じゃ小さく見えますけど、これ、大鉢ですから〜
もう、ふたりで大笑いしてました
胃袋が大きくなればいいのにと思った夜でした

a0155688_12520234.jpg


旅館の朝ご飯大好きです
至福、ここに極まれり、ですよ

しあわせなひと時を過ごさせて頂きました
ありがとうございました









a0155688_20510747.jpg
見て下さい〜このしごとの美しさ〜
(食べかけの写真で失礼します)
むきゃ〜(興奮☆)ってなるでしょ〜
朝ご飯のお味噌汁の大根も、厚めに桂剥きしたかのような
大根の繊維の編目模様のぴかぴか透明の・・・美しかったのです・・・

丹誠込めて作られたお料理を頂くことで
こころがこんなにも満たされる

日々のお料理
もっと頑張ろっ☆と思いました




[PR]
by harunomiya | 2014-08-03 13:45 | お山と温泉 | Comments(0)

大山

a0155688_19303866.jpg


a0155688_19303086.jpg


a0155688_19290025.jpg


a0155688_19283803.jpg


a0155688_19295798.jpg


a0155688_19301667.jpg


a0155688_19302164.jpg
a0155688_19301066.jpg


a0155688_19305919.jpg


a0155688_19293743.jpg

a0155688_19293208.jpg


a0155688_19292351.jpg


a0155688_19291875.jpg

先週、大山に登ってまいりました
山頂は花真っ盛りで、一面お花畑でした〜
しかし、大山、思っていた以上にハードでした
燃え尽きました〜
この一週間、燃えカスみたいなのでなんとか仕事を乗り切り、
今日も昼過ぎまでぐでっとしていて、夕方くらいにやっと復活できました
とにかく、段差がきつい!
いつぶりか分からないくらいのレベルの筋肉痛にもなりました
完治までに五日を要す筋肉痛って、相当久しぶりです
大山および富士山登山経験者に聞くと、富士山よりも大山の方がきつかったって言ってた
まじですか!
あと、暑かったのが堪えましたね
水分は、ミネラル入りの水とお茶とジェリー飲料とスムージーと3ℓ分持って登って
ほとんど飲み切っていたのにも関わらず、下山後体重が2キロ減っていました
塩分は、常に、梅干しか塩飴を頬張って登りました
(梅干しは嫌いなんですけど、途中からがじがじ食べてました
本能的に、身の危険を感じたんだと思います(笑))
標高がそこそこあるのに、こんなに暑いなんて思っていませんでした
油断してたら命取りでしたね

大山、美しい山ですね
大山の裾野は平地が広がって、遠くに弓ケ浜がきれいな弧を描いているのが見えて、
一見、富士山の様に独立峰みたいに感じます
とてもきれいな眺めでした
(登山中晴れていて素晴らしい眺望でしたが、下山時は雲ってしまって写真なし
上の写真は、実は、全部下山時のものです)



[PR]
by harunomiya | 2014-08-02 19:33 | お山と温泉 | Comments(0)

はるはいつもゆったりまったりの意


by harunomiya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31