すてきなおはなし







[PR]
# by harunomiya | 2015-01-27 20:57 | 写し絵と言の葉 | Comments(0)

サバイブ

昨日ちらりと見たテレビで、
シベリアの広大な針葉樹林帯で行方不明になった3歳の少女が
11日間生き延びて無事発見されたということを紹介していました
水を確保できたことや体温を維持できたことが、命を守ることになった直接の理由ですが、
(というか、わんこのお陰ですね!←一緒に迷子になって、身を寄せ合っていて、あと、力を振り絞って家族に助けを呼びに行ったんだよ!すごい!)
悲観しすぎないことも重要だったようです
大人だと、こんなはずじゃなかったと、引き戻してみたり、もう少し進めば何か見えるはずと闇雲に動き回り、
救助する側からすると捜索がより困難な方へと進んでしまうことがあるようです
遭難した場合、子どものほうが無事発見される確率が高いとも言っていました
その少女は、闇雲に動き回ることはせず、その場に順応して、必要な水を得、
背丈以上の草むらに隠れて体温を守ったそうです
今回見たこの少女の話の他にも、
登山の遭難体験で、悲観したり、取り乱したりした人から力尽きて行く、、、みたいな話を読んだことがあります

最悪の想定は、必要なことなんですけど、悲観はしない
どうも悲観しすぎることで、より困難に向くような間違った判断をしやすいようです

これって、そのまんま、人生にも当てはめられるな〜、重要だな〜って思いました
むしろ、人生そのものが、サバイバルだし!(気持ち的な意味で!)

なにごとも、必要以上に、悲観しない

これ、サバイブの知恵ですね



[PR]
# by harunomiya | 2015-01-20 21:26 | 日々 | Comments(0)

牡蠣祝

a0155688_09192816.jpg


a0155688_09193446.jpg

a0155688_09194996.jpg

a0155688_09194480.jpg

a0155688_09195533.jpg

a0155688_09195977.jpg

a0155688_09200454.jpg




三が日が寒かったせいか、とにかく人が多くて、
人混みを避けるために、裏通りのさらに裏道を通っての移動中に見つけたcafeです
んんっ?!こんなところにcafe?ってところにありました
裏通りのさらに裏道では、出勤される仲居さんと行き違ったりして、裏の宮島を見た感じです
たまには裏道も面白いかもしれません
小高い位置にあるお店で、眺めが良かったです
最近、借景を意識したお店が続々と(?)オープンしている気がする宮島です
まったりおいしい時間を過ごしました〜





[PR]
# by harunomiya | 2015-01-17 09:33 | ごはんとお茶と時々お酒 | Comments(0)
a0155688_20591476.jpg


a0155688_20592416.jpg


a0155688_20593152.jpg

a0155688_20593512.jpg


a0155688_20594156.jpg


a0155688_20594683.jpg


a0155688_20595242.jpg


a0155688_20595962.jpg


a0155688_21000476.jpg


a0155688_21001084.jpg


a0155688_21001622.jpg


a0155688_21002257.jpg


a0155688_21002773.jpg


a0155688_21003390.jpg


a0155688_21004146.jpg



毎年恒例の初詣と初弥山(登ったのは1月4日)
早朝のお参りは、空気が澄んで気持ちのいいものでした
また恒例の年始のおみくじ
年に一度、厳島神社でだけ引くと決めております
「身をかがむることをしるときは先にのびる楽しみあり」だそうです
お山は年始に降った雪がまだ残って、つるつるする危険な箇所もありつつのどきどきな山道
つららはあるし、水場は凍ってるし
空気は冷え冷えしつつも、おひさまがあったかく気持ちのいい山行きでした

一番最後の写真は、
ふんふんふん〜しかのふん〜♪
なんか、おいしそうにみえるのはわたしだけでしょうか・・・^^;



[PR]
# by harunomiya | 2015-01-16 21:19 | お山と温泉 | Comments(2)

新年

あけましておめでとうございます
無事に新しい年を迎えることができて、ありがたいかぎりです

ここ数年は除夜の鐘を聞くことなく
大晦日に普通に就寝し
元日に普通に起床し
なにごともなく静かに年を越しています

昨日今日よりも、冬至を大晦日と感じ、
次の日の太陽こそは、生まれたてのおひさまと感じていました
気持ちも、その日を境に切り替わっています

世間的なお正月はなにかと慌ただしすぎるので、
冬至を境にひっそりと自分自身の中での切り替えを済ませるのは
なかなか良い感じで、浮ついた感じのない、より肚が据わる気がします



面倒だから、しよう

渡辺 和子 / 幻冬舎


久しぶりに、エッセイ的な本を読みました
この中にある、一文が最近のお気に入りです
「面倒だから、しよう
その積み重ねがあなたを美しくしてくれるから」(要約しています)


わたしはともすると怠惰な方へと流れ易い質なもので、
いくらでもだらだらすることができてしまいます
でも正直、だらけきった生活って心地よくないんですよね
なにもかも面白くなくなっていきます
だから、怠けそうになった時に、
上記の「面倒だから、しよう」って呟いて奮起しています

朝起きた後、布団を抜け殻状態のままにせず、整える、とか
出したものはその日の内に片付ける、とか
少しでもストレッチをする、とか
ほんの些細なことなんだけど、これをするとしないでは大きく違います

わたしたちは毎日毎日、さして代わり映えのない日々を過ごしていますけど
代わり映えのない日々だからこそ
小さな面倒を、小さく乗り越えていって、小さくとも積み重ねていける
そして、積み重ねていったものの価値に、大きさに、気づける時もくる

どうせ積み重ねるのなら、自身を美しくしてくれることを、と思います

日々生まれる「面倒くさい」を乗り越えながら
小さく頑張り続ける一年にしようと思います



今年もどうぞ宜しくお願いいたします
[PR]
# by harunomiya | 2015-01-01 14:51 | 日々 | Comments(0)

悔いなく

先に進めるのは
前向きだからってわけじゃない

立ち上がれるのは
強いからってわけでもない



挫けてへこんで
自分の弱さを思い知って

それでも、

生きてる限りは
生ききらなきゃって
ただその一心で
[PR]
# by harunomiya | 2014-12-07 21:40 | 日々 | Comments(0)

希望

いつまで頑張ればいいんだろう
どこまでいったら諦めてもいいの
それとも諦めずに頑張ってたら、いつか叶うのかな

しんどくて、
諦めも肝心と物わかりのいいふりをして
希望を手放し続けてたら、
自分が一体どこへ行きたいのか分からなくなってしまいました

あー、もう、いい年こいて何やってんだろーなー、わたし!

目標とする山が高すぎて、遠すぎて
まだ、その登り口にさえ辿り着けていない感覚

希望を放り投げて、しばらくへちゃげていました

その希望は、
叶おうが叶うまいが
わたしが生きる希望でもあったのでした

捨ててしまっては、生きる気力もわかないのです
捨てては、いけないものだった

そっと拾い上げて、
また、歩き出そうと思います

遠いけど、足元に、道が続く限りは
[PR]
# by harunomiya | 2014-11-29 20:25 | 日々 | Comments(1)

弥山

a0155688_8484116.jpg

a0155688_84933.jpg

a0155688_849835.jpg

a0155688_8491293.jpg

a0155688_8494369.jpg

a0155688_8494815.jpg

a0155688_850745.jpg

a0155688_8502161.jpg

a0155688_8503739.jpg

a0155688_851268.jpg

a0155688_8512924.jpg

a0155688_8513576.jpg

a0155688_8513851.jpg


春以来の弥山です
いつものように大聖院コースで弥山へ登り
三連休初日とあって人が多かったので、紅葉谷コースを避けて、
駒ケ林へ移動して、そこから下山しました
久しぶりのルートで楽しかったです

台風19号が沖縄の方にいる日(10月11日)のことでしたが、
そういえば、以前に厳島神社へ大きな被害を出したのも
いつかの台風19号だったなと思い出していました

平穏無事とは、「何もない」ということではなく
この上ない「奇跡的なこと」なのではないかと感じる今日この頃です

このブログを書いている今は、風が吹き始めました
[PR]
# by harunomiya | 2014-10-13 08:52 | お山と温泉 | Comments(0)

家路

a0155688_8345364.jpg

a0155688_8355648.jpg

a0155688_8351982.jpg

a0155688_8353451.jpg

a0155688_8362564.jpg

a0155688_8363694.jpg


今回の旅は、愛媛→高知→徳島→香川と、四国四県を巡りました
(瀬戸内海側だけですけど)
帰りは瀬戸大橋を通って帰ります
ぐるっと廻ったものだから、ドライブ時間はかなり長くはあったんですけど
四国って考えてたよりも近いなって思いました
こんぴらさんから自宅まで約3時間でした

それにしても、やっぱり瀬戸内海って美しいです
[PR]
# by harunomiya | 2014-10-13 08:44 | 旅とさんぽとドライブ | Comments(0)

こんぴらさん!!

a0155688_8164821.jpg

a0155688_8165482.jpg

a0155688_817052.jpg

a0155688_817654.jpg

a0155688_8172729.jpg

a0155688_8173260.jpg

a0155688_8174581.jpg

a0155688_818401.jpg

a0155688_818441.jpg

a0155688_8184926.jpg

a0155688_8215156.jpg

a0155688_829470.jpg


石鎚登山での筋肉痛を引き連れて、こんぴらさん!!
筋肉痛においうちをかけるよ☆
でも、3時間も山を登るより、ぜんぜ〜ん、楽ちん!(←と、自分に言い聞かせる)
無事、お参りできてよかったです
奥書院が特別公開されていて、伊藤若冲の襖絵などを見ることができました
[PR]
# by harunomiya | 2014-10-13 08:34 | 旅とさんぽとドライブ | Comments(0)
a0155688_737712.jpg

a0155688_7365365.jpg


a0155688_7353988.jpg

a0155688_7371920.jpg

a0155688_7362154.jpg

a0155688_7493434.jpg

a0155688_749452.jpg

a0155688_74147.jpg


a0155688_753618.jpg

a0155688_7535252.jpg

a0155688_7544014.jpg


a0155688_7545125.jpg

a0155688_754581.jpg

a0155688_755641.jpg



愛媛から高知
高知から徳島へと足を伸ばして、祖谷温泉
小便小僧さんのその先に見えるのがお宿です
よくそんなところに建てたな〜!ってロケーションですね
窓の外が緑だらけの良い眺めでした
紅葉の時期は素晴らしいでしょうね
露天風呂はケーブルカーを使って急勾配をずいずいと下った先の川縁にあります
とても良いお湯でした

翌日は大歩危の遊覧船を楽しんで
祖谷そばを頂いて
徳島から香川へ移動します

愛媛〜高知〜徳島へかけての川がとてもきれいで(吉野川かな??)
ドライブしながらずいぶんと目を楽しませてもらいました
川遊びも盛んなようで、montbellの関連施設などをよく見かけました
次、行く機会があるとすれば、剣山に登る時でしょうけど、
川遊びもしてみたいなー

祖谷そばを頂いてたら、川向こうの線路をアンパンマンのラッピング電車が走って
大人たちが(笑)喜んでいました
[PR]
# by harunomiya | 2014-10-13 08:05 | お山と温泉 | Comments(0)
a0155688_22591022.jpg

a0155688_22595479.jpg

a0155688_230135.jpg

a0155688_2302799.jpg

a0155688_2311688.jpg

a0155688_2314317.jpg

a0155688_2321493.jpg

a0155688_2323071.jpg

a0155688_233878.jpg

a0155688_2332123.jpg

a0155688_2333864.jpg


石鎚山から車を走らせること1時間
山奥にあるおそば屋さんです
おそばって、やっぱり水だなって思います
すごく久しぶりに伺いましたが、
以前とはご主人が違うらしいのですが変わらず美味しく頂きました

いつかまた行きたいです

[PR]
# by harunomiya | 2014-10-12 23:11 | ごはんとお茶と時々お酒 | Comments(0)

石鎚山と天狗岳

a0155688_937529.jpg

a0155688_9381524.jpg

a0155688_9392890.jpg

a0155688_9393719.jpg

a0155688_9394487.jpg

a0155688_9395521.jpg

a0155688_940598.jpg

a0155688_9411894.jpg

a0155688_942259.jpg

a0155688_9421732.jpg




a0155688_9424619.jpg

a0155688_9425171.jpg

a0155688_9425995.jpg

a0155688_943479.jpg




一枚目の写真が天狗岳です
そして、その天狗岳の先っぽのほうの、
岩場のところから下を見たのが二枚目の写真になります
絶壁です(怖)

お宮の神主さんが、十月中旬の気温だと教えてくれたのですが
夕方からぐっと冷え込みました
ダウンがあっても良いくらいだった
(先日、天狗岳の紅葉が見頃とのニュースを見ました
例年に比べ、早かったようですね・・・10月12日追記)
その分、空気が澄んでいて、高知の室戸岬や九州の九重連山まで見えたようです
(いや、わたしも見たんですけど、あれがそうだよと説明されても、
どれ?って感じで、判別がつかなかったという・・・orz)
雲の多い日ではありましたが、
ここまで見通しがいいのは珍しいんだよと教えてもらいました
出発前はむしろ雨の心配をしていたので、
雨に降られることもなく有り難い限りでした
[PR]
# by harunomiya | 2014-10-04 09:43 | お山と温泉 | Comments(0)

石鎚山への道のり

a0155688_918664.jpg

a0155688_919212.jpg

a0155688_9194087.jpg

a0155688_9194947.jpg

a0155688_920474.jpg

a0155688_9231843.jpg

a0155688_9232829.jpg

a0155688_9235292.jpg

a0155688_9262857.jpg

a0155688_92650100.jpg

a0155688_9312680.jpg

a0155688_9315572.jpg

a0155688_9322820.jpg

a0155688_933145.jpg

a0155688_9331036.jpg


写真には撮っていませんが、ロープウェイで登った先に、
石鎚神社成就社があります

(下記、石鎚神社HPより抜粋)
成就社は、千三百年余の昔、石鎚山開山の祖、役小角が石鎚山頂を拝さんとして、心身を清め山頂を目指しましたが、どうしても山頂に至る事ができず、力尽きて下山しようとしたところ、成就社境内で、ひたすらに斧を研いでいる一人の白髪の老人に出会いました。小角は、不思議に思ってわけを尋ねてみると「この斧を研いで針にする」とのことでした。この言葉に小角は感銘し、再び行を続け、西日本最高峰の石鎚山を開山することができました。
因みに、この時の老人が石鎚大神(石鎚毘古命)だと伝えられ、以来小角の心願が叶ったことから、ここを「成就社」と称し、お社が祀られ、今に全国各地より諸願成就の成就の宮として広く尊崇を集めています。

ロープウェイ乗車中にも、この解説がされていて
それで思ったのです

結局のところ、
「神頼み」の前に、自分の「超☆努力」が必要であること
自分で何の努力もなしに、他力本願しているのは
滑稽以外のなにものでもない
頑張って望みを叶えるのは、結局は自分なんです
そこを間違えちゃいけない


わたしは、お宮にお参りするのは大好きですけど、
願いごとをしたことはありません
いつも感謝だけを思っています

究極のところ、
それしか、
感謝しか、ありませんから
[PR]
# by harunomiya | 2014-10-04 09:34 | お山と温泉 | Comments(0)

すきなおと7



吉良さんの歌声が、沁みます
[PR]
# by harunomiya | 2014-10-03 20:53 | 本棚とipod | Comments(0)

はるはいつもゆったりまったりの意


by harunomiya
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30