一歩一歩

「今できることをする」
その繰り返し、その積み重ねによって
ものごとは動いていく
むしろ、それなくして
どこへも辿り着くことはできやしない

山登りは
一歩一歩足を踏み出して前に進むことでしか
頂上へ辿り着けない
(そしてその頂上がゴールじゃないという、シビアさ、、、
ゴールは無事下山した時です、、、これってリアルに人生だよねー(涙))

山登りを通じて体感したことが
日々の生活にも染みてきます

どんなにちいちゃなことでもいいんです
ささいな一歩でも、一歩は一歩
息切れしたなら休んでもいいし
もっと自分のペースを大事にするといい
ささいな一歩の積み重ねが
やがて遠い、高いところへも自分を連れて行く

それに、ほんとうに大事なことって
ちいちゃな、ささいなことだったりするのです

遠い、高いところに来てみて
そのことに気づかされたりするもんです
[PR]
# by harunomiya | 2014-05-16 20:22 | 日々 | Comments(0)

流れていく

身を削らんばかりに悩んでいた友だちがいました
生活のかかっている悩みだったので
それはもう、悩みに悩んだろうと思います
はたで見ていても、辛そうで、
軽々しく励ますこともできませんでした

あれから一年
状況は明るい方へと流れだしたようです
その報告を受けて、ほんとうにほっとしました

よくがんばったなぁ!って思います
随分と、いろんなことと向き合ったみたいです
大きな学びの機会だったんでしょうか
その友だちがひとまわり安定した気がします


わたし自身もそうですが、
悩みは次々と絶えず生まれて途切れることがありません
あのことに悩んでいたと思ったら、
今度はこのことに悩んでいるという具合に

状況は刻一刻と変化して行きます
かならず変化して行くから
まんじりともしない苦悩の中でも
辛い、しんどいこともずっとは続かない
そうじぶんに言い聞かせながら
その時々で、出来る努力をしながら
変化していく時の流れに任せようと思います

思うに、必要以上の不安や悩みって、
自分自身が出来る限りのことを出来ずに
頭ばかりで考えて、体を動かせていないときに肥大します

自分が出来る限りを尽くしてみたら
案外と、まいっか☆もしもの時はしょうがないべ
って、思えたりします
そしてそんな覚悟が出来たことは、
悪い方へ転がることはまずないものです



すべてが流れて移ろいゆくから
今の一瞬一瞬を
酸いも甘いも
しっかりと味わえたらいいなと思います
[PR]
# by harunomiya | 2014-05-15 19:45 | 日々 | Comments(0)

迷いがある時は動かない

なにかを決める時に、
迷いがあるなら、決めない

ひととの出会いも
ものとの出会いも
時機がくれば
ぱぁっと道が拓けるみたいに
すすむ方向が自ずと分かって
今、動きたい!って衝動が起こってくる
そこに迷いなんてない

そして、出会ってみて改めて
今の時機、今じゃなきゃだめだったんだということを知り、
あの時の逡巡も
この時の衝動も
大事な感覚だったんだと知るのです

ものごとの進行とは
自分が思う以上に緻密な成り立ちで
有意識でのことよりも無意識の領域での段取りが大事みたいで
時間がかかることもあるみたいなのです

時機ならば手繰り寄せれば良いとばかりに
流れをかき分けて
ときには人もおしのけて
わがままに自由に動くことはできるでしょう

けれど、複雑な形のピースが、すっと収まりパズルが解けるみたいな
この快感

流れがきたならふわっと受け取って
流れがこないとしてもそれも仕方のないことと受け取れられればいい

ただ今あるものにありがとうと思いながら
じぶんで出来る努力をしていれば
迷いが晴れる瞬間が必ずきます
[PR]
# by harunomiya | 2014-05-14 21:12 | 日々 | Comments(0)

日本のもの

お買い物をする時に予算が許す限り日本で作られたものを選択するようにしています
調べていると志ある会社とか、国内で頑張ってる生産者さんの姿が垣間見えてめっちゃ面白いです

わたしは今、掛け布団以外の寝具を一新しようと思っています
それでいろいろ調べていて、マットレスを作っている有名な工場が広島にあることを知りました
全然知らんかった!それ以外にもメーカーがあるようです
家具製作の木工所もたくさんあるし、ベットもマットレスも広島産で揃えられたりして!
あと、これはすごいのでは!と思ったのが、国産繭の絹毛布です
国内の繭生産量が非常に少ないことを知っているので、国内産で可能なんだ、、、って驚きました
わたしはずっと毛布を探してて、オーガニックコットンの綿毛布もいいなぁと思いつつ、決めあぐねていたのですが、これは良いかもしれない、、、!
まだしばらくは、いろいろ探してみようと思います

愛用中の一品を紹介します
田靴!!
北海道のメーカーさんです
今は田んぼをしていないので田靴といいつつ、田んぼでは使わないんですが、
農作業の時とか、活躍しております
とにかく軽くてくにゃくにゃしてて、履いててほんとに楽なのです
おすすめです
[PR]
# by harunomiya | 2014-05-11 14:43 | 日々 | Comments(2)

三瓶山

a0155688_9395665.jpg

a0155688_940257.jpg

a0155688_9405510.jpg

a0155688_9412784.jpg

a0155688_9415869.jpg

a0155688_942228.jpg

a0155688_9425393.jpg

a0155688_9431749.jpg

a0155688_9434482.jpg

a0155688_9441486.jpg

a0155688_9462186.jpg

a0155688_9464219.jpg

a0155688_9444745.jpg

a0155688_947483.jpg

5月
新緑の季節の三瓶山はほんとうにおすすめです
若葉のみどりがとてもきれい
昨日は特に、雨が上がった直後で空気もクリアで、暑くもなく、最高でした

当日は雲の流れを見てて9時半には雲がきれる感じだったので
その時間に合わせて自宅を出発して、西の原に着く手前でちょうど雨が止みました
三瓶山は三度目ですが、これまで姫逃池登山道を通っていたので、
今回は西の原登山道で男三瓶山頂を目指しました
姫逃池からは90分くらいで登れますが、西の原からは110分くらいはかかったかなぁ
姫逃池のルート上には腰掛けが点在して、程よく小休憩できたりするのですが、
西の原はそういうスペースはなかったですね
景色のいい所で立ち止まったついでにちょっと水分補給、くらいでした
でも、登りは断然、西の原コースの方が好きです
登り始めてからの道のりの五分の三くらいは、足元のふかふかした優しい道が続きます
程々に勾配はあるけど、足の接地面がフラットなのって、ほんと楽
残りの五分の二はガレガレした岩場です
ここがけっこう危なっかしくって、下りで使うのは怖いなぁと思いました
風も強かったし、バランス崩したらおおごとです
で、下りは姫逃池コースへ
山頂で奇跡的に(?)繋がったiPhoneで、どうやら西の原へ戻れるバスがあるらしいぞという事が分かったので、急遽コース変更です
(ちなみに三瓶山麓では不通なiPhone、、、つながりやすさNo.1とか言ってる白わんこバンク、、、)
バスを待つ間に、おそばを頂いて(美味しい♡)
三瓶バーガーで友だちはお土産用にバーガーを買って、わたしはソフトクリーム(これまた美味しい♡)を頂きました
三瓶バーガーは注文を受けてから焼くみたいで、20分くらい待ちましたね
バスの時間に間に合うか、ちょっとそわそわした(笑)
そして、そのバスが楽しかったです!
運賃料金表示板が短時間にぴんこらぴんこら金額を跳ね上げていくんです
もう目を見張る勢いとは、このことですよ
い、いったいどこまで上がるん、、、どきどきはらはら、、、
乗車時間20分くらいだったんですが、
わたしの地元でバスに4〜50分揺られて到達する金額までうなぎのぼる!!
下車してから、2人で大笑いしてました
(知らずに乗ったから衝撃だっただけで、妥当な運賃だということは理解しています
登り・西の原、下り・姫逃池ルート気に入ったので、また利用させて頂きます!)

下山後の楽しみは、温泉っ!!
島根は良い温泉が多い♡
[PR]
# by harunomiya | 2014-05-06 09:47 | お山と温泉 | Comments(0)

白木山

a0155688_6325130.jpg

a0155688_6331865.jpg

a0155688_6334060.jpg

a0155688_638217.jpg

a0155688_7225355.jpg

a0155688_7225778.jpg

二度目の白木山
相変わらずの人気ぶりです
たくさんの人が登ってらっしゃいました
※写真は前回のが混ざってます(田んぼが秋です〜)

いや〜しんどかった〜
前回登った時に、もう登りたくないって言ってたのを忘れて
また登ってしまって
登ってる途中で思い出して(笑)
まじでもう登らないって気持ちと
このしんどいままでは負けた気がするのでリベンジしたい気持ちとが
入り交じってるので、
きっとまた忘れた頃に登るんだろうな(笑)

二時間かけて登る内の
登り始めからの一時間がほぼ勾配のきつい登りオンリーです
下る時に再認識するんですが、
自分の立っている位置からほんの百メートル先を見ただけでも
地面がすーっと下へ下って、その高低差がハンパない
それが延々と続く・・・

こころ・・・折れます・・・

でも、一応頑張って頂上へは行ってきましたよ
芝生の上でおべんと食べるために!

恒例のお抹茶を頂いて、至福〜

白木山の山頂は、日陰はないんだけど、
手入れの行き届いた芝生が広がっていて
シートを広げてランチするのに気持ちのいい所なのです
寝っころんで少しお昼寝もしてみました
気持ちよかったです〜☆

ハードな下山を終えた後は、
白木山から15分程、向原方面へ車で走った所にある「縄文アイス」で
アイス!!
美味しかったです♡
[PR]
# by harunomiya | 2014-04-27 07:14 | お山と温泉 | Comments(0)

極楽寺山

a0155688_953560.jpg

a0155688_961481.jpg

千手観音さまのご縁日ということで
なんだかスペシャルな極楽寺でした
今日は極楽寺山の山開きの日でもあって、
山頂は大賑わい
あいにくの空模様で楽しみにしていた神楽は中止だったけど
山開きの祭典のあとの餅まきは行われました
それが想像以上の戦いでした(笑)
まかれる餅が堅くて、痛くて
無事一個キャッチ出来たところで戦線離脱
きゃうん、きゃうん(負け犬)って感じです
参加者の本気と、餅の堅さが怖いよう〜
餅まき中は結局お餅一袋しかもらえなかったけど
終わった後に、何個かお菓子のおこぼれを頂いて、ほくほく〜
いや〜面白かったです
めっちゃ笑った
どうやら、餅まきの戦いは、ポジショニングから始まっているのですね
次、機会があったら、もっと戦略的にいこうと思います
[PR]
# by harunomiya | 2014-04-20 16:03 | お山と温泉 | Comments(0)

桜の季節

桜が咲いているとなんだか落ち着かないと
だれかが言って
桜の季節にいつも感じていた複雑な想いは
自分だけではなかったのだと
少しほっとした気持ちになる

桜はきっと
しあわせすぎて
せつなすぎるのだ
[PR]
# by harunomiya | 2014-04-15 20:18 | 日々 | Comments(0)

吉野

a0155688_18123367.jpg

a0155688_1813488.jpg

a0155688_18144590.jpg
a0155688_18141698.jpg

a0155688_18151782.jpg

a0155688_1816015.jpg

a0155688_18163512.jpg

a0155688_18165330.jpg




下千本から上千本まで一気に満開になったところを見ることができました
もう、夢のような景色でした
下千本の茶屋で、圧巻の桜を眺めながら一服しましたが
おかみさんが2日前はこんなにピンクじゃなかった
今日は最高☆って言っていました
旅行の日程は2月には決めていたので、もう、完全に天任せでした
あと予報では天気が下り坂だったのが、曇りつつももってくれて、
しあわせな時間を過ごすことが出来ました
車で行ったので、渋滞も怖かったんだけど、全く影響なく
(しかし、対向車線は鬼のような渋滞でした)
旅行運にすべての運をつぎ込んでる気がしてならない今日この頃です
それにしても、下千本から上千本まで歩くと、
まるっきり登山でしたね
おおむね勾配のきつい坂が続きます、、、
ちらほら山ガールも見かけました
ダブルストック使って登ってる人もいて、
おそらく奥千本まで行かれたんだろうなぁ
いいなぁ
想像してた以上に露店やお店が軒を連ねていて
それらを見てまわるのも楽しかったです


わたしたちが桜を楽しむために陰ながら尽力されていらっしゃる
すべての皆様に感謝いたします♡
[PR]
# by harunomiya | 2014-04-14 18:17 | 旅とさんぽとドライブ | Comments(0)
基準をちゃんと自分の中に取り戻すこと

ものごとを推し量るときに
ひとの顔色をうかがっていることがある
とくに、自分に対する評価とか

でもそれって
なんか違うんだよね

他人と比べて、とか
他人の目を気にして、とか
それじゃ
本質へ辿り着けないんだ

オリジナルを極めなくて
わたしがわたしとして生きてる意味あるのかっていう

未知なる世界は
世の中よりも、
自分の中にこそ広大無辺に広がっている
[PR]
# by harunomiya | 2014-04-05 23:42 | 日々 | Comments(0)

もんしゅしゅ

雨の雫に濡れた涙桜
a0155688_23134611.jpg

a0155688_2313586.jpg

a0155688_238775.jpg

a0155688_2382146.jpg

桜を見た後にいつも立ち寄るカフェ
お店の周りでも桜が見られるんだよ
[PR]
# by harunomiya | 2014-04-05 23:09 | ごはんとお茶と時々お酒 | Comments(0)

桜見

a0155688_22361292.jpg

a0155688_22363329.jpg

毎年会いに行く神原のしだれ桜
曇り空の下、すごく寒くてダウン着込んだほど

空の気分は安定しなくて
驚かされることが増えたけど
それでもちゃんと春が来て
今年もまた桜に会えた
ありがとう♡
[PR]
# by harunomiya | 2014-04-05 22:50 | 旅とさんぽとドライブ | Comments(0)

葛藤がうまれるとき

いろんな思いがこころの中で処理しきれずに、
悩みや葛藤がうまれるとき
それはしんどい時間なんだけど
こころが成長しようとして
殻を破ろうとしているときなんだとも思います


最近、思うのです
人は、求めるから苦しくなる
人は、期待するから辛くなる

夫婦関係、親子関係、職場関係、友人関係、、、

自分が人に与えるよりも、求め欲することばかりだと
どんな関係でも円滑には上手くいきません

けっこう、人に対して勝手に期待して裏切られた気持ちになったりしているものです
してもらって当然と思ってしまっているんでしょうね
自分の思った通りにならなくて、イラッとするってあるものです
そして、こういう狭量な自分の小ささに、呆れたりして

それを解消するには
自分が与える一方の人間にならなきゃいけないんだなぁと薄々勘づいてはいるんです

でも、それってわたしばっかり損じゃんっ
って思う、また狭量な小さい自分が居るんです

それで色々、葛藤してたんですけど、
こんなちっさいことで悩むのやめっ!て開き直りました
「暗いと不満を言うよりも、進んで明かりを点けましょう」ですよ

そして多分、与える一方の人になったとしても、
損することは決してないことも、確かなのです
物やお金はむりでも、思いやりや、優しい言葉は心がけひとつでいくらでも発することができます
いいことも、わるいことも、自分のしたことが必ず自分に還ってくるし

頭を働かせると、損得考えちゃうから
身体だけ動かします

自分が与える一方になれたら、この世の悩みの大半は確実に霧散します
試してみようと思います
[PR]
# by harunomiya | 2014-03-30 20:55 | 日々 | Comments(0)

時間の概念

時間のことを考えてて、
ブログにも書いたように
結論がないままだったけど、
その後、ふと思ったのが、

目に見えるもの、触れるもの、物質世界、肉体には
時間は確実に存在していて、限られてもいる

目に見えないもの、触れないもの、精神世界、心には
時間は存在せずに、無限

なのじゃないかと、思ったのです



わたしはいつも何かに焦って生きています
この一生の内に、何かを為さなければならないのではないかと自分を追い込んで
周りにも結婚して子どもを産めと責め立てられています
今のままでは無価値なのだと思わされて、
タイムリミットはとうに過ぎているんだと言われるのです

まぁ、事実です

でも、足を止めてしばし確認したいのです
時間に急かされて心を亡くしてしまう前に、
自分がなぜ生まれてきて、今を生きているのかを

有限で物理的な時間も大事ですが、
無限であるわたしのこころもとても大事

わたしがこの人生で得ようとしているものは、
目に見える物質的なものばかりじゃないはずなのです
むしろ、精神的な成長こそが本分とも感じます

焦ってるなら
深呼吸してさ、
ちょっと落ち着こうか

リラックスして
うまく時間とつきあえたらいいなと思います
[PR]
# by harunomiya | 2014-03-30 13:00 | 日々 | Comments(0)

ねこのしっぽ

a0155688_1222249.jpg

a0155688_12134861.jpg

a0155688_12144337.jpg
a0155688_12142949.jpg

ひといきに桜が咲きましたね
大急ぎで春がやってきた感じです
二度目のねこのしっぽ
やさしいごはんとスイーツに癒されました
今回は旅行の打ち合わせがあって、ゆっくりさせてもらいまいした
[PR]
# by harunomiya | 2014-03-30 12:28 | ごはんとお茶と時々お酒 | Comments(0)

はるはいつもゆったりまったりの意


by harunomiya
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30