大山

a0155688_19303866.jpg


a0155688_19303086.jpg


a0155688_19290025.jpg


a0155688_19283803.jpg


a0155688_19295798.jpg


a0155688_19301667.jpg


a0155688_19302164.jpg
a0155688_19301066.jpg


a0155688_19305919.jpg


a0155688_19293743.jpg

a0155688_19293208.jpg


a0155688_19292351.jpg


a0155688_19291875.jpg

先週、大山に登ってまいりました
山頂は花真っ盛りで、一面お花畑でした〜
しかし、大山、思っていた以上にハードでした
燃え尽きました〜
この一週間、燃えカスみたいなのでなんとか仕事を乗り切り、
今日も昼過ぎまでぐでっとしていて、夕方くらいにやっと復活できました
とにかく、段差がきつい!
いつぶりか分からないくらいのレベルの筋肉痛にもなりました
完治までに五日を要す筋肉痛って、相当久しぶりです
大山および富士山登山経験者に聞くと、富士山よりも大山の方がきつかったって言ってた
まじですか!
あと、暑かったのが堪えましたね
水分は、ミネラル入りの水とお茶とジェリー飲料とスムージーと3ℓ分持って登って
ほとんど飲み切っていたのにも関わらず、下山後体重が2キロ減っていました
塩分は、常に、梅干しか塩飴を頬張って登りました
(梅干しは嫌いなんですけど、途中からがじがじ食べてました
本能的に、身の危険を感じたんだと思います(笑))
標高がそこそこあるのに、こんなに暑いなんて思っていませんでした
油断してたら命取りでしたね

大山、美しい山ですね
大山の裾野は平地が広がって、遠くに弓ケ浜がきれいな弧を描いているのが見えて、
一見、富士山の様に独立峰みたいに感じます
とてもきれいな眺めでした
(登山中晴れていて素晴らしい眺望でしたが、下山時は雲ってしまって写真なし
上の写真は、実は、全部下山時のものです)



[PR]
# by harunomiya | 2014-08-02 19:33 | お山と温泉 | Comments(0)

弥山

a0155688_07264515.jpg

a0155688_07265660.jpg

a0155688_07272357.jpg


a0155688_07273138.jpg


a0155688_07273885.jpg


a0155688_07274681.jpg


a0155688_07280820.jpg


a0155688_07281642.jpg


a0155688_07282822.jpg


a0155688_07283698.jpg


a0155688_07284222.jpg


a0155688_07284973.jpg


お正月ぶりの宮島です
人ごみを避けて8時前には宮島入り
いつもの大聖院コースを登ります
夏の時期に弥山に登るのは初めてで
冬や秋とは違った装いに目を楽しませてもらいました
やはりこの時期は水量が増えて、普段にはない水の流れが見られました
気温も高かったのですが、川のせせらぎに、滝の水飛沫に、涼を感じて慰められました
何度も登っている弥山ですが、山の上にある御山神社にはお参りしたことがなく
今回時間に余裕があるのもあって、初めてお参りしてみました
すごく良かったです
好き好き〜
お山の上にあるお宮というだけで良い感じなうえ、ご社殿も可愛らしいの
またお参りしたいと思います
山頂は人もまばらで(時間が早いのと、ロープウェーが運休でした)ゆっくりとできました
新しい展望台は2階部分がまだオープンになっていないんだけど、
来週いよいよオープンするらしいです☆
山頂は日陰があまりないので、助かりますよね〜
下山を始める頃には人も少し増えてきて、下山途中も沢山の人とすれ違いました
明らかに観光の人もけっこういて、ロープウェーが運休してるから自分の足で登ることになったんだろうけど、
みんなガッツあるな〜私だったら絶対無理〜と内心思っておりました
紅葉谷コースって、最初なだらかな坂道から始まるんですよ
やさし〜く優しく始まって、後半きついよ☆ってコースなんです
アスリートレベルでなければ登るのに普通に90分はかかります
昨日はすれ違った半数以上が外国の方でした(外国の人たちは体力ありそうだから心配してない・笑)
なかなかコアな楽しみ方をされますね
下山後はランチとカフェをして、帰路につきました


追記 13日夕方
遠くでかすかに太鼓の音がしています
宮島で管弦祭が始まったのでしょう
しかし海を渡って結構響くものですね
昨日、太鼓の練習の音を聞いていないと、管弦祭の太鼓の音だと気づかなかったでしょうが



[PR]
# by harunomiya | 2014-07-13 08:04 | お山と温泉 | Comments(0)

三段峡

a0155688_20064149.jpg


a0155688_20071448.jpg


a0155688_20073972.jpg


a0155688_20075434.jpg


a0155688_20081091.jpg


a0155688_20082384.jpg


a0155688_20083625.jpg


a0155688_20085699.jpg


a0155688_20090900.jpg

a0155688_20092161.jpg

a0155688_20094713.jpg

a0155688_20100972.jpg


a0155688_20101892.jpg


a0155688_20102933.jpg


a0155688_20104138.jpg




水梨口から三段滝を見に行って、そこから三段峡正面口へと歩きます
だいたい4時間くらいの道のりです
途中小雨が降っていたりもして満ち満ちたマイナスイオン
そして、緑、翠、碧
五感が、全身が癒されるようでした
ずっと楽しみにしていたそうめん流しは、
あれ、竹じゃないんだ、、、っていうのはあったんですけど
清冽な水で頂くそうめんは、めっちゃ美味しかったです
道中、苔むした岩場とか岩の上に生えた木とかが屋久島の風景を思わせて
感動してたのですが、お水も屋久島に似てるって書いてあってなんだか妙に納得したりして
ほんとうに限りなく柔らかいお水で、ほんと美味しかったです
お茶を点てても、コーヒー淹れても極上になりそうです
次回、試そうと思います←また行く気まんまん
夏の盛りの避暑にも、秋の紅葉も、良さそうです☆
春は5月まで桜が見られるんだとか



[PR]
# by harunomiya | 2014-07-06 20:38 | お山と温泉 | Comments(0)

気になる人

どうしても気になる人
それって、もー、運命の人だ(笑)

ともだちの上司が、じぶんの都合しか考えない人らしく、
よくイラッとさせられるらしい
自分のなかでカチッと予定や流れを決めたら動かさない
臨機応変にすることができない人らしい
え?そういう人なんなら、もう、しょうがないんじゃない?
その人に対する接し方を、アレンジすればいいだけじゃん
なんてわたしは思うのだけど、ともだちはそれでも納得いかないらしい
だれかの予定が、想定外に変更になることなんてありえるし、
そういう時こそ、おたがいさまとフォローし合うものだと
うんうん、確かにその通りだよね

どうしても気になる人
それはもう、確実に、自分の鏡です
自分自身を写している鏡です
ひっかかりを覚えるということは、自分の中に、同じ要素が含まれていて
無意識下で、それに対するアレルギー反応みたいなのを起こしているということ
でも、それを認めるのがいやに難しい
ストレートに同じ癖がある、というのなら、気づきやすけど、
こういう場合、あくまで同じ要素なので
真から自分を省みなければなかなか答えに行き着きません
嫌いな人と同じところが自分にあるなんて、認めるのも簡単じゃない

で。も。
でも、ですよ
何が一番損かっていうと、
「イラッとする」ということです
それも、嫌いなやつの為にする「イラッ」が、一番損ですよ
そして、もうひとつ確実なことが、
相手は絶対変わらない、変えられないということです

だから、どうしても気になる人が現れたら、
認めたくないけど、自分の中にある要素に気づいて、
あ、そういうことだったんだな〜って納得する
気づけたものって不思議と自然と解消されていくものです
納得できたら、この人って、ほんとわたしのためにいてくれたんだな〜って思えて
感謝さえできたりします
こうなったらクリア
もう気にならなくなっていきます

ともだちのこの場合でいうと、どうなのかな〜
ちょっとお互いに頑なさがあるのかな
ともだちは一般的に常識的な考えをしています
相手も自分の中での常識で行動しています
譲り合わない、という点が同じなのかなと客観的に見て思いました
正しい、正しくないの問題じゃないんだろうと

思いやりを法としなければ、どこかで必ず対立や諍いは起きます
たとえどんなに、お互いが常識や正義を守っていても

常識や正義なんて、時代や国や人によって大きく異なるものです

相手の立場になってみて
相手の目線になってみたら
気づけることがあるかもしれません

大きな視野を持てるということは
こころを広げるし
ストレスにも無縁になっていきます

わたしにもいます
気になる人
いつもそばにいる人
ありがたいことです
自分をしっかり見つめられます




[PR]
# by harunomiya | 2014-07-06 16:10 | 日々のつれづれ | Comments(0)

もうひとつのサイン

イヤーなことが起こるときって
後から考えると、ちょっとした転換期になっていたりします

イヤーなことを、良いキッカケに転換します

以前、ネット配線の関係で、人を入れる予定のなかった部屋にまで人が入って、
見られたくないもの、状態を見られてしまったという
穴を掘って入りたい事件がありましたが、
それ以来、部屋がめっちゃきれいに保たれています
荒れる瞬間はあるんですけど、復元力がありますね
急な来客にも、5分待ってもらえれば対応出来ます、くらいのきれいさです
自分でも、変わったなーって思います
びっくりです

今回、ゴールド免許なのに心はブルー事件では、
強烈に思ったのが、時間の使い方でした
やらなきゃいけないことを先延ばしにするとか、
うだうだして時間を無駄にするとか
だって、あの日あの時間、普段通らない道、、、朝からちゃっちゃとしておけば、、、という後悔
もう、ほんとイヤー
でも、それ以来、なんだかきびきび、時間を有効活用しています
すべきこととその重要度を考えて速やかに動くようになりました
自宅から会社までが近すぎて、いつもギリギリになってたんだけど、
(一番最悪な時で、始業10分前に家を出たことがある、、、汗)
今は、優雅に出社しています
変わるもんだなーって、びっくりしています



しかし、一番良いのは、イヤーなことがおこらずとも、必要な改善は自ずからすることです
こころの隅で、このままじゃいけないんだけどな、、、っていう思いがあるなら、
率先して変えていくと、サインもしくはキッカケとして起こってくれるイヤーなことも、起こる必要が無くなり、
自然、イヤーなことも無くなっていくものだと思います

自分自身に対して真っ正直に生活することは、
幸運をもたらしてくれると思うし
なによりも、気持ちの良いものです



[PR]
# by harunomiya | 2014-06-25 21:32 | 日々のつれづれ | Comments(2)

アンラッキーの転換

わたしは今年の免許更新で、人生初の「ゴールド免許」になりました〜
しかし、同日、違反切符切られました〜
なんということでしょう〜
今、更新が5年毎になって、なかなか変わらないんですよね
以前の違反も前々回の更新後数ヶ月の時点で切られてるのでもう8年近く無違反だったのに
苦節8年でやっと手にしたゴールドなのに、、、

実のところ、ほんとは、切符切られて、免許更新に行きました
更新時期って、誕生日の前後一ヶ月で二ヶ月間の猶予があるじゃないですか
いつ行こうかな〜って延ばし延ばしにしてる内に、ある日の日曜日におまわりさんに呼び止められたわけですよ
自分のアンラッキーさには、ほんと、笑えます(笑)このタイミング??
それが3時前
この違反が今回の更新に反映されるか、次回になるかは、書類手続きの進行で読めないんだよね〜っておまわりさんに言われ
確か、免許更新の受付4時までのはず!今日、行くしかない!と思って
家にはがきを取りに帰って、免許センターに行き、違反切符切られたその日に免許更新したんです

待望のゴールド免許なのに、こころはブルー

めっちゃ凹みました

でも、周りに聞いてみると、案外と、みんなブルーなんだよね
そうだよね!ゴールドなんて、ペーパードライバーの証だよね!
な〜んだ〜、ちょっと安心した☆

そして、わたしは、アンラッキーをアンラッキーのまま放置しません
アンラッキーをほんとうのアンラッキーにするのは、自分自身なんですよね
今回のことから、しっかり学び尽くそうと思います

起こる物事に、絶対に無駄はないということ
何かしらのサインである可能性が高い
今回、言われてみれば、標識とか意識して見ていなかったなと気づかされました
わたしは過去に何度か事故をしたことがあるので、確実な安全確認をする意識は高い方です
集中を欠いたその一瞬が命取りだし、確認した「つもり」が大きな抜け穴なんです
人と車の動きには意識していたけど、標識は盲点になってました
その点を指摘頂いて、ほんと、有り難いです
わたしの運転がより確実なものになります
もしかしたら、今回のことで、未来に起こるはずだった事故の芽が摘まれたのかもしれません
わたしは、スピードが出せるところでは、普通に出す方ですけど(車の流れには乗るという意味で)
今後は、安全運転に徹することに決めました
もっと自分と、周りの命を大切にね☆っていうサインだったのかもしれません

素直さも大事ですよね
小さなサインを見逃すと、気づくまでどんどんサインが大きくなっていくものだったりするし



[PR]
# by harunomiya | 2014-06-22 20:47 | 日々のつれづれ | Comments(0)

一瞬一瞬を

二度とはこないこの一瞬を
しあわせいっぱいなこの一瞬を
写真に映そうか
ビデオに撮ろうか
逡巡して
なににも残さないことにした
感じよう、味わおう、こころを込めて・・・
覚えていられるだけ覚えていたらそれでいい
なんにも残らなくても
この一瞬があったことは確かで
この温もりは、消えやしない
こころにずっと宿りつづけるから


[PR]
# by harunomiya | 2014-06-09 19:51 | 日々のつれづれ | Comments(0)

大峯山

a0155688_7164592.jpg

a0155688_718117.jpg

a0155688_7182268.jpg

a0155688_7183812.jpg

a0155688_7185427.jpg

a0155688_7191144.jpg

a0155688_7193436.jpg

a0155688_7195261.jpg

a0155688_7203240.jpg

a0155688_7205654.jpg

a0155688_7211390.jpg

a0155688_7213788.jpg

a0155688_722679.jpg

a0155688_7222155.jpg

広島市最高峰の大峯山です
山頂は360度の眺望だということで楽しみに登りました
勾配はそこそこあるんですけど、白木山を思ったら優しいです
(白木山がよっぽどのトラウマになっています、、、笑)
登り始めはしばらく植樹林が続くのですが、
登って行くとブナなどの広葉樹林になっていきます
道の左手には植樹林
道の右手には自然林
対照的で面白い
新緑の季節、みどりのトンネルを通り抜けるのは心地よかったです
山頂はほんと、いい眺め!
しかしこの日の最高気温30度!(5月なのに!?)
暑すぎてあまり長居できず、お茶を一服してすぐに下山することに
下山する前に、少し道がそれるのですが、
「峯太郎ブナ」と名付けられたブナの樹がいるとのことで、会いに行ってきました
長老のような風格の立派な峯太郎さんでした

下山後、津田の方へ出ようとして道をいろいろ間違えて彷徨ってたら、万古渓がありました
よく看板だけは見たことがあったのですが、実際に行くのは初めてです
滝もあって気持ちのいいところでした〜
滝って、ずっと見ていられますね・・・



[PR]
# by harunomiya | 2014-06-01 07:21 | お山と温泉 | Comments(2)

窓が山

a0155688_2055072.jpg

a0155688_20521333.jpg

a0155688_20541762.jpg

a0155688_20543763.jpg

a0155688_20553391.jpg

a0155688_20555070.jpg

以前、湯来方面から縦走したことのある窓が山へ
分岐点の標識が懐かしいです
山頂まで1時間くらいと、とっても優しい道のりです
(勾配はそこそこあるし、甘くはないけどすぐに終わるので優しいです)
今回は山頂まで至らず東峰と言われるところまで上がって、
その後、引き返してちょうど「窓が山(まで)600m」の標識のところにある岩場で昼食andリラックスタイム
腰掛けるのにちょうど良い岩場で、眺望も遮るものなく、
日差しの強い日でしたが、いい具合に木が陰を作ってくれて
さわやかな風が吹き抜けて、とても気持ちのいい場所でした
ほんとうに気持ちのいいところでした
これまで登ってきた近隣の山のなかで随一かもしれません
とても気に入ってしまいました
もうずっとゆっくりしていられそうでしたが、
ひとしきりゆっくりしたあと、頑張って山を下りました

風が渡り、
木々の萌える彩りは命の輝きを漲らせ、
雄々しく、堂々と、山々がそこに在りました

最近、山の存在感が、こちらに迫りくるかのようにハンパないのです

そう感じるようになったのは、
山が変わったのか、わたしが変わったのか



下山後、湯来の砂谷さんとこのジェラートやさんで、アイス!!(というか、ジェラート)
車が停められるか!?ってくらいの駐車場の満杯ぶりと、人の多さに衝撃を受けました
何?最近テレビに出たとか?何?イベントかなんか?みたいな
ジェラート人気がここまで??
もちろん美味しかったです!

そして本日の温泉は、湯の山温泉
打たせ湯が有名なのですが、すっごい良かったです!!
お湯じゃなくて最初こそひやっとしましたが、
不思議と冷たさは感じなくなって湯の当たるポイントをずらしながら、しばらく当たりました
その後また内湯に入ったんですけど、
友だちと「なんかスッキリしてる!!」と顔を見合わせました
ほんと、新感覚☆でした
いい!!
湯の山温泉周辺の、鄙びた感じもいい。スキ。
入浴後、ずっとぽかぽかしていました

その後、お気に入りのカフェに寄ってさらにまったりし
なんという癒されコース・・・と骨抜きになりそうな勢いでしたぁ・・・

こんな一日があっても、いい!
[PR]
# by harunomiya | 2014-05-17 21:37 | お山と温泉 | Comments(0)

コンプレックス

だれしも、なにかしらのコンプレックスを持っているんだろうと思います

ふとね、この世にコンプレックスが無くなったら
消滅する商売がごまんとあるなと、思ったことがありました

踊ってるのか踊らされてるのか

わたしはもう踊り疲れましたよ
そろそろ卒業しようかと思っております


[PR]
# by harunomiya | 2014-05-16 20:55 | 日々のつれづれ | Comments(0)

一歩一歩

「今できることをする」
その繰り返し、その積み重ねによって
ものごとは動いていく
むしろ、それなくして
どこへも辿り着くことはできやしない

山登りは
一歩一歩足を踏み出して前に進むことでしか
頂上へ辿り着けない
(そしてその頂上がゴールじゃないという、シビアさ、、、
ゴールは無事下山した時です、、、これってリアルに人生だよねー(涙))

山登りを通じて体感したことが
日々の生活にも染みてきます

どんなにちいちゃなことでもいいんです
ささいな一歩でも、一歩は一歩
息切れしたなら休んでもいいし
もっと自分のペースを大事にするといい
ささいな一歩の積み重ねが
やがて遠い、高いところへも自分を連れて行く

それに、ほんとうに大事なことって
ちいちゃな、ささいなことだったりするのです

遠い、高いところに来てみて
そのことに気づかされたりするもんです
[PR]
# by harunomiya | 2014-05-16 20:22 | 日々のつれづれ | Comments(0)

流れていく

身を削らんばかりに悩んでいた友だちがいました
生活のかかっている悩みだったので
それはもう、悩みに悩んだろうと思います
はたで見ていても、辛そうで、
軽々しく励ますこともできませんでした

あれから一年
状況は明るい方へと流れだしたようです
その報告を受けて、ほんとうにほっとしました

よくがんばったなぁ!って思います
随分と、いろんなことと向き合ったみたいです
大きな学びの機会だったんでしょうか
その友だちがひとまわり安定した気がします


わたし自身もそうですが、
悩みは次々と絶えず生まれて途切れることがありません
あのことに悩んでいたと思ったら、
今度はこのことに悩んでいるという具合に

状況は刻一刻と変化して行きます
かならず変化して行くから
まんじりともしない苦悩の中でも
辛い、しんどいこともずっとは続かない
そうじぶんに言い聞かせながら
その時々で、出来る努力をしながら
変化していく時の流れに任せようと思います

思うに、必要以上の不安や悩みって、
自分自身が出来る限りのことを出来ずに
頭ばかりで考えて、体を動かせていないときに肥大します

自分が出来る限りを尽くしてみたら
案外と、まいっか☆もしもの時はしょうがないべ
って、思えたりします
そしてそんな覚悟が出来たことは、
悪い方へ転がることはまずないものです



すべてが流れて移ろいゆくから
今の一瞬一瞬を
酸いも甘いも
しっかりと味わえたらいいなと思います
[PR]
# by harunomiya | 2014-05-15 19:45 | 写し絵と言の葉 | Comments(0)

迷いがある時は動かない

なにかを決める時に、
迷いがあるなら、決めない

ひととの出会いも
ものとの出会いも
時機がくれば
ぱぁっと道が拓けるみたいに
すすむ方向が自ずと分かって
今、動きたい!って衝動が起こってくる
そこに迷いなんてない

そして、出会ってみて改めて
今の時機、今じゃなきゃだめだったんだということを知り、
あの時の逡巡も
この時の衝動も
大事な感覚だったんだと知るのです

ものごとの進行とは
自分が思う以上に緻密な成り立ちで
有意識でのことよりも無意識の領域での段取りが大事みたいで
時間がかかることもあるみたいなのです

時機ならば手繰り寄せれば良いとばかりに
流れをかき分けて
ときには人もおしのけて
わがままに自由に動くことはできるでしょう

けれど、複雑な形のピースが、すっと収まりパズルが解けるみたいな
この快感

流れがきたならふわっと受け取って
流れがこないとしてもそれも仕方のないことと受け取れられればいい

ただ今あるものにありがとうと思いながら
じぶんで出来る努力をしていれば
迷いが晴れる瞬間が必ずきます
[PR]
# by harunomiya | 2014-05-14 21:12 | 日々のつれづれ | Comments(0)

日本のもの

お買い物をする時に予算が許す限り日本で作られたものを選択するようにしています
調べていると志ある会社とか、国内で頑張ってる生産者さんの姿が垣間見えてめっちゃ面白いです

わたしは今、掛け布団以外の寝具を一新しようと思っています
それでいろいろ調べていて、マットレスを作っている有名な工場が広島にあることを知りました
全然知らんかった!それ以外にもメーカーがあるようです
家具製作の木工所もたくさんあるし、ベットもマットレスも広島産で揃えられたりして!
あと、これはすごいのでは!と思ったのが、国産繭の絹毛布です
国内の繭生産量が非常に少ないことを知っているので、国内産で可能なんだ、、、って驚きました
わたしはずっと毛布を探してて、オーガニックコットンの綿毛布もいいなぁと思いつつ、決めあぐねていたのですが、これは良いかもしれない、、、!
まだしばらくは、いろいろ探してみようと思います

愛用中の一品を紹介します
田靴!!
北海道のメーカーさんです
今は田んぼをしていないので田靴といいつつ、田んぼでは使わないんですが、
農作業の時とか、活躍しております
とにかく軽くてくにゃくにゃしてて、履いててほんとに楽なのです
おすすめです
[PR]
# by harunomiya | 2014-05-11 14:43 | 日々のつれづれ | Comments(2)

三瓶山

a0155688_9395665.jpg

a0155688_940257.jpg

a0155688_9405510.jpg

a0155688_9412784.jpg

a0155688_9415869.jpg

a0155688_942228.jpg

a0155688_9425393.jpg

a0155688_9431749.jpg

a0155688_9434482.jpg

a0155688_9441486.jpg

a0155688_9462186.jpg

a0155688_9464219.jpg

a0155688_9444745.jpg

a0155688_947483.jpg

5月
新緑の季節の三瓶山はほんとうにおすすめです
若葉のみどりがとてもきれい
昨日は特に、雨が上がった直後で空気もクリアで、暑くもなく、最高でした

当日は雲の流れを見てて9時半には雲がきれる感じだったので
その時間に合わせて自宅を出発して、西の原に着く手前でちょうど雨が止みました
三瓶山は三度目ですが、これまで姫逃池登山道を通っていたので、
今回は西の原登山道で男三瓶山頂を目指しました
姫逃池からは90分くらいで登れますが、西の原からは110分くらいはかかったかなぁ
姫逃池のルート上には腰掛けが点在して、程よく小休憩できたりするのですが、
西の原はそういうスペースはなかったですね
景色のいい所で立ち止まったついでにちょっと水分補給、くらいでした
でも、登りは断然、西の原コースの方が好きです
登り始めてからの道のりの五分の三くらいは、足元のふかふかした優しい道が続きます
程々に勾配はあるけど、足の接地面がフラットなのって、ほんと楽
残りの五分の二はガレガレした岩場です
ここがけっこう危なっかしくって、下りで使うのは怖いなぁと思いました
風も強かったし、バランス崩したらおおごとです
で、下りは姫逃池コースへ
山頂で奇跡的に(?)繋がったiPhoneで、どうやら西の原へ戻れるバスがあるらしいぞという事が分かったので、急遽コース変更です
(ちなみに三瓶山麓では不通なiPhone、、、つながりやすさNo.1とか言ってる白わんこバンク、、、)
バスを待つ間に、おそばを頂いて(美味しい♡)
三瓶バーガーで友だちはお土産用にバーガーを買って、わたしはソフトクリーム(これまた美味しい♡)を頂きました
三瓶バーガーは注文を受けてから焼くみたいで、20分くらい待ちましたね
バスの時間に間に合うか、ちょっとそわそわした(笑)
そして、そのバスが楽しかったです!
運賃料金表示板が短時間にぴんこらぴんこら金額を跳ね上げていくんです
もう目を見張る勢いとは、このことですよ
い、いったいどこまで上がるん、、、どきどきはらはら、、、
乗車時間20分くらいだったんですが、
わたしの地元でバスに4〜50分揺られて到達する金額までうなぎのぼる!!
下車してから、2人で大笑いしてました
(知らずに乗ったから衝撃だっただけで、妥当な運賃だということは理解しています
登り・西の原、下り・姫逃池ルート気に入ったので、また利用させて頂きます!)

下山後の楽しみは、温泉っ!!
島根は良い温泉が多い♡
[PR]
# by harunomiya | 2014-05-06 09:47 | お山と温泉 | Comments(0)

はるはいつもゆったりまったりの意


by harunomiya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31